武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

2019/11/2 釣行記 中潮下げ始め狙い…撃沈

◼︎11/2  2140-2410  @ホームリバー上流

◼︎中潮、2130頃、緩い流れから速まることなし、クリアウォーター

◼︎晴れ、北風1-2メートル、気圧低下気味

◼︎ベイトのイナッコが激減してる様子、ボイルなし

◼︎ボウズ、1バラし(たぶん背中スレ掛かり)

◼︎殉職者なし

 

※秋シーバス 19打数2安打1四球3鱸

 

どこ行くか迷ったが、「ホームを持て」という宮川師匠の教えと、濱本師匠の河口での攻め方を学んだので、懲りずにホームリバーへ。

近所川も考えたが、そっちはさらに流れなさそうやからやめといた。

 

翌日淡路島観光ゆえ、24時上がりの条件。

2130頃まで平らなタイドで、以降下げ。

小潮前の中潮なので下げもあまり強くない。

23時くらいから流れが速まり、そのタイミングがジアイやと期待して出撃。

 

あと、竿抜けポイントを攻めるという新作戦。

ディアルーナxr1006mlを久々登板させる。

サステイン4000xgとともに、ラインは0.8号で。

 

到着直後は予想通りユルユルの流れ。

釣れる気配ゼロ。

さらにクリアウォーター。

ここ1週間雨降ってないからなあ…

厳しいぞ、これは。。

 

開始直後は流れないしキャスト練習。

なかなかうまくいかなかったが、タラシを短くしたら飛距離が出る。

MAX28gの竿なので、25gのミノー投げるのこわいからペンデュラムキャストにしてたが…

全然バットに乗らんし、そもそもこの竿は28g MAXは絶対におかしいやんけ。。

シマノあるあるの、スペック以上のカチカチロッドってことね。

これからは35g MAXと考える。

最終的にはスタスイ125で70回転、70弱は飛んでるかな?

 

で、そんなキャスト練習をNODE150でやってたら、着水直後にヒット。

あまりに想定してなかったので、なぜラインが出続けるの?、、みたいな素人対応…

おかしいと思っいなおして遅まきながらあわせると、しっかり竿に重みが。

ただ、飛ばないし走り方も単に重いのでボラやと確信し、テキトーファイト。

足下でようやくライトを照らすとまさかのシーバス。。50弱くらいか?

今更真剣ファイトに切り替えるが、向きが悪くタモを出してる時にフックアウト、、無念すぎる…

情けない対応。。。

 

今回の掛かり方、もしかしたらキャストで背中を直撃したのかもしれない。

それか、普通に着水リアクションでバイトしてきたが、外れてスレ掛かりしたのか?

小さなウロコが付いてたので、頬のやつかなぁ?

だとしたらせっかくのバイトを…

 

その後は異常なし!

23時になってからも、流れは一向に速まらない。

ダラダラと緩く流れてるだけ。

24時くらいまでキャスト練習を兼ねて粘るものの、一向に気配はなく。

24時過ぎに納竿。

 

本日はスレ掛かりというプチイベントはあったが、あえなく今日も三振でした。

 

 

●本日の学び

・流れがないと無理、活性低すぎ

・水温が一気に下がったからか、ベイトも魚も抜けた気がする

・満潮後はレンジ絞りにくい、やはり干潮間際の水位低い方が狙いやすいのか?!

・秋爆シーズンでも小潮のタイミングはみんな厳しいみたい「流れない」発言多数

・ディアルーナxr1006mlは硬い、28g MAXは嘘であり、スタスイ125程度なら50センチくらいのタラシで投げなあかん

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191104082310p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191104082305p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191104082259p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191104082342p:image