武庫川一文字太郎の釣行記 シーバス、ショアジギ、チニング

シーバスオンリーになりました。自分メモ用なので言葉遣い等はご容赦ください。あと、コメントがうまく返せなくてゴメンナサイ

コロナの記録

後日見直したくなるかもなので、落ち着いたタイミングで記録します。

 

■木曜

4歳の幼稚園児が発熱。

頭痛いとか足痛いとか普段言わないことを。

 

■金曜

幼稚園児、脅威の回復力で復活。

嫁が、体調不良を訴え、夜に発熱。

夜中に38.5くらいまで上がる。

 

土曜

幼稚園児完全復活、元気すぎて対応に苦慮。

嫁は喉がとにかく痛いのと、熱が38度台キープ。

コロナリスクを感じ、順に感染する気がしたので、買い出しなどやれることを実施。

中1が喉が痛いと言う。

自分は何もなし。幼稚園児の対応で疲弊。

 

■日曜

嫁はやや回復傾向、熱は37度台に。

ただし喉痛くて元気はない。

中1が朝から39度超え。

心配なので訪問診療を受けて抗体検査、バッチリ陽性。

解熱剤と喉痛の薬をもらう。

日曜中はずっと高熱のまま。

後に嫁も抗体検査したら陽性。

二人分陽性者登録。

そしてついに、自分にもコロナが…

37.5くらいではあったが、それほどしんとくなかったが、夜に急上昇。

24時位に38度を超え、夜中に39度オーバー。

MAX39.9まで…地獄。

関節も痛い、腰が死ぬほど痛い…

死にそうになるが、5時くらいにロキソニンプレミアムを飲んだところ、びっくりするような発汗で一気に熱が下がる。

37.5くらいまで下がってだいぶ元気に。

 

■月曜

中1はあっさり回復。

解熱剤2回ほど飲んで後遺症もなく回復。

嫁も家事ができるほどに回復。動きすぎるとしんどいが、熱はなくなる。

喉が痛かったが、中1の喉痛の薬飲むと急回復。

自分は上の続きになるが、朝方に熱が収まったものの、昼過ぎからまた38度を超え、一時39度もオーバー。

しかしここでももらった解熱剤を飲んだらしばらくして発汗して熱が下がる。

その後、夜に再び上がるものの39度には至らず、同じく解熱剤ですぐ下がって熱はこれにて終了。

しかし問題は食えないこと。

水を飲んだだけで気分が悪くなる。

発汗するので脱水対策でオーエスワンや水を飲み、食べやすいウィダーインゼリーを食うのだが、全部吐く。2回目大量に吐いた。

これにより体力が落ちて倦怠感が激しいと思われる。

 

ここまでで、自分以外の三人は回復。

 

■火曜

残るは自分。

熱は午前中は37度ちょいあったが、昼からは落ち着く。

しかし引き続き食えない。

吐くので何も食べず、水も少量に留める。

点滴を希望するが、近くの医者ではやってない…

が、夜になってりんごを食べると食えた。

21時くらいにはおかゆを半膳。

気分悪くならず。

 

■水曜 朝(現在)

熱は完全に収まる。

食欲も復活、朝からおかゆとりんごをしっかり食える。

鼻水が出てきたが問題ない。

朝方寝ながら頭痛くなったが、それも軽め。

念のためバファリン飲んだらあっさり治まった。

 

これで終わって欲しい…

 

 

長くなったが、もう見返すことがないことを祈りつつ、次なったときの参考になれば。

 


f:id:mukogawaichimonjitaro:20221116073056j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221116073101j:image

2022/11/5 釣行記 中一日で夕まずめ鰤ゲームホゲ

■11/5  1600-1730  @レジェンド突堤北側

     1830-2000  @大漁港内側

中潮突堤は南向きの流れそこそこ

■晴れ、北風4-6m爆風

突堤はベイトっ気なし、漁港は大量のサヨリ?シーバスボイルは極稀に

メバル1

■殉職者 エギ1、ビックバッカー

 

親戚が来るので昼から逃亡、急遽淡路島へ。

1230に出て、1430頃に江崎到着。

とりあえずこの辺のポイント探し。

テトラはどこも降りれる。

カーブが2回あるが、3面でできそう。

とにかく浅いが、岩礁帯と藻があっていそう。

しかし、デイエギングはなんもなし。

 

師匠がヒラマサ釣った情報を得て、イカやってる場合やないと移動。

しかしスティリンポイントもレジェンド突堤先行者、やはり土曜日。

仕方なく突堤北のテトラで観光客に見られながら開始。

爆風向かい風なのでヒラメミノーでも40mしか飛ばん。

ほぼぶっ飛び君を投げ倒す。

途中、少しレンジ入れようとビックバッカー。

前アイではスカスカやから、後ろアイにした瞬間根掛かりロスト。

ここは沈めたらあかんな、ほんま。。。

で、日の入りまでやるがなんもなし。

今年は西浦キツイな…

 

移動して風裏探すが、漁港の内向きならやれるのでは?、と近場の大漁港へ。

まあ、爆風には変わりないが追い風なのでなんとかやれる。

1.0gではいまいち何やってるかのわからんが、必死にフワフワさせてたらなんか来た。

まさかの18センチメバル

やっぱ浮いてるんやね。

その後は上で釣れないからボトムやるけど何も無し。

昼は釣れるのに、よくわからんな…

 

なお、サヨリらしきが表層に大量にいて、一応シーバスタックル用意したが、サヨリパターンなので食うはずもなし。

 

帰りは道空いてる。

2240頃帰宅。

 


f:id:mukogawaichimonjitaro:20221107082742j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221107082754j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221107082811j:image


2022/11/3 釣行記 淡路島で青物小物イカ


メモのみ。

 

6→20時、約9時間。

朝マズメ、夕まずめは青物狙いでボウズ。

イカはチョロっとやってボウズ。

ライトゲームは昼間にガシラ5、アナハゼ4、ベラ2でツ抜け成功。笑

まあ、ナイトで初めてまともに釣れたのが嬉しかった。

 

青物メモ

北西面は手前は反転流なので、潮の流れがよくわからんな。

東も同じくで手前反転流。

100m飛ばしてもあんま流れてなかったような…

 

 


f:id:mukogawaichimonjitaro:20221105085351j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221105085417j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221105085424j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221105085439j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221105085449j:image




2022/10/8 釣行記 秋の浜でマインドフルネス

■10/8  2030-2320  @いつもの浜、北から南

中潮、下げ3→6分、流れなし

■晴れ、満月、北風1m

■ベイトっ気無し

■ボトムでワンバイトのみ、乗らず

■殉職者なし

 

そろそろか…で、出撃。

北から攻めるが、ええ潮位のはずなのになにもない。

さっさと南でウェーディングへ。

 

ここも釣り人皆無。

空いてるのはいいが不安になる。

結構広く探る。

飛ぶクロスウェイクとスイッチヒッターで広範囲に探るが何もない。

またくらいまで立ち込む。

流れもないしなにもない…

 

西側の浅場に深く立ち込む。

岸から50mくらいか。

あまりになにもないのでボトム攻撃に切り替えると、ミニエントダラダラ巻きでガツン。

乗らん。。

その後、もうボトムでチヌ狙いやと振り切るが、狙うと何も起きないよね。

 

無事にホゲて終了。

そういやエイがまだ浅場におったなぁ…

 


f:id:mukogawaichimonjitaro:20221012211526j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221012211531j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221012211537j:image


2022/9/29 釣行記 ショアジギ淡路島

■9/29  0530-1830  トータル9時間 @鳥飼と佐野

中潮、鳥飼は流れ弱く時々南向きの流れ、佐野は手前が南向き、沖が北向き

■晴れ、北風強め

■ダツ2、カワハギ(スレ)

■殉職者なし

 

メモ。

 

休みとって朝マズメは鳥飼。

2日前にメジロ上げてる人とMさんと並んでやるが、自分にダツが食ってきたのみ。

お二人によるとベイトっ気ないとのこと。

0750くらいに見切って佐野へ。

 

午前の佐野は潮止まり近く流れがない。

2時間ほどやるがなんもなし。

 

昼休憩して15時から復帰。

そこそこ釣れそうな雰囲気だが、カワハギのスレのみで不発。

 

どっちもベイトっ気少なくきつかった。

潮の流れもイマイチ。

まあ、数行くしかないね。

 


f:id:mukogawaichimonjitaro:20221009010312j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221009010332j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221009010345j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221009010357j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221009010410j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221009010419j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221009010428j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20221009010435j:image







2022/9/22 釣行記 ウェーディング開幕戦も無

■9/22  2100-2300  @浜南北

中潮、下げ4→7分、流れなし、濁り強め

■曇り、北東風6-7m

■ベイトわずか

■ノーバイト(超ミニキビレらしきバレ1)

■殉職者なし

 

涼しくなったので、4連休は台風なので、家にいても暇なので、釣れないとわかってて出撃。

北からやったが釣り人皆無で気配なし。

ただ、カタクチ?なのかなんかは少しだけいたが。

北風追い風で投げやすいが、北はウェーディングしにくいので移動。

 

南に行くと爆風もろに受け。

スイッチヒッターとかでも55回転がMAX。

めっちゃ投げるルアーが限られて辛い。

潮位高いからウェーディングも10mほどしかできず、無理やり北風ドリフトしてみたりもするが無。

途中でスタスイに超ミニキビレかイナッコが乗ったものの雑に扱い正体わからず。

 

風強すぎて心折れておしまい。

隣の浜の師匠もあかんみたいやし、まだやなー。

というか、秋爆は今年もないやろなぁ…

 


f:id:mukogawaichimonjitaro:20220923112458j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20220923112504j:image