新規加入選手 ライジャケ新調!

徳島遠征に、まさかのライジャケ忘れ…

三日間サボるわけにはいかんので、これも天命と受け入れて新調することに。

むろん、グレードダウンでは意味がないから、高機能ライジャケを…

 

たまたまいはらもポイントもセール中。

あるやつから選ぶことに。

 

鳴門到着後すぐに小松島へGO。

いはらは全然いいのなし、パズが置いてるがほぼ定価…

一方のポイントは、ダイワが40%オフ。

腰ベルト付きでペットボトルホルダーもあり、さらに各所で調整可能だと。。

磯ヒラマンの店員に勧められるがままに購入…

まあ、他に選択肢ないし。。

 

あとはフィッシュグリップとプライヤーとナイフ、リーダー、スナップ、小物入れケースも購入。

プライヤーやスミスの2000円弱、フィッシュグリップはポイントPBのリアルメソッド…

まあ、いいっしょ。。

ナイフはダイワの千円ちょい。

で、リーダーは北西風ゴロタならPE1.5でも30ポンドあったほうがいいと言われ、バリバスのナイロンを購入。

 

ライジャケ以外はリーズナブルに抑たので、全部で3万ほど。。

 

◯ダイワ DF-6109

◯スミスのプライヤー

◯リアルメソッドのフィッシュグリップ

◯バリバスのナイロンリーダー30ポンド

◯他、小物

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191231141536j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191231141539j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191231141543j:image

2019/12/28 釣行記 ホームシーバス令和元年ファイナル

(前半)

◼︎12/28  2130-2230  @ホームリバー上流マイポイント

◼︎中潮、満潮1936、流れそこそこ、想定外に弱い

◼︎晴れ、風ほぼなし、気圧上昇中、水温14.0まで降下!

◼︎ベイトはイナッコらしきが大量もボイルごく稀

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者なし

 

(後半)

◼︎2300-2400  @中の浜明暗と三叉路

◼︎ここにしては流れ強い

◼︎ベイトっ気皆無、ボラジャンプさえほぼなし

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者なし

 

 

令和元年ファイナル地元シーバスのため、ボロボロの体に鞭打って出撃。

昨日の北西風で水温が一気に下がりついに14.0度。

厳しいと思うが、一方で昨日はTwitterでの釣果は多い。

北西風が収まった直後は活性が高かったのか?

本日も潮は良く、流れありそうなので期待はして出撃した。

 

ファイナルに相応しいマイポイントへ。

しかし、おかしい、流れが弱い…なぜ!?

かなり潮動く日なのになぁ…

いつもの潮目も見えなければ、スタスイをアップから流して自分こえて帰ってくることもない。

ただ、降り場すぐのところに謎の大量ベイト。

動きが異様に速いが、飛び跳ねてたりもするしイナッコか?

ただし、ボイルは極たまにらしいのがある程度。

 

まずは降り場付近でスタート。

ベイトが手前で跳ねてるから、手前中心にアピール弱めのルアーから流してみる。

最終的にはx80のジャークまでやってみたが、当たりることはなかった。

ちなみにここ、下流みたいな石積みじゃないよな?

垂直護岸?

また昼にしっかりみておこう。

 

続いてマイポイントへ。

スタスイ大などを流すが反応なし。

相変わらず浅くて、バーティス97sだと底に当たりまくり。

そんなボトム撃ちもやってみたがダメ。

ここで約1時間経過、流れ弱いからリバーを見切ることにする。

 

続いては中の浜。

いつもの橋脚上流側からスタート。

おや?、やけに流れている。

今日はいい日かもしれない。

もちろん先行者は皆無。。

 

しかし、橋脚まわりは届かない…

スタスイ大をフルキャストして、ギリギリ橋脚の手前、約58m飛ばしているが。

橋脚に当たって生じた反転流と、本流がぶつかるあたりが良さそうだが、遠くて流せない…

また、明暗は様々な角度から通してみたが、手前は流れが弱くてドリフトはイマイチやし、何より深いから攻め方が絞れない。

自分の腕では出せないと判断して三叉路へ。

 

三叉路では、テキトーにやってみたが出せる気が全くしないため、早々に諦めて流れのチェックをメインに。

北西面の方は、手前が速くてその奥が弱い。

(たぶんさらにその奥が本流で最強やろな)

で、その本流と弱い流れの流速差のところを流したいのだが、これまた距離が遠い…てゆうか届かん。。。

ドリフト無理ならここはなかなか厳しい。

これまたかなり深いし…

西側面もほぼ同様で打つ手なし…

三叉路の東西の流れがぶつかる点は、70メートル以上沖であって、流す釣りは難しいため、ここはC級ポイントと認定。

人がいないのはそういうことなんだろな。

いつか上手くなったら攻略したいが…

 

なお、コスケ110Fを初めてまともに使ったが。

こいつマジで流速差を見つける素晴らしい感度。

パイロット確定!

 

 

◎本日の学び

・ホームリバーで流れ弱いときはダメを再確認。ダメな時はすぐランガンしよう

・中の浜の橋脚と三叉路は自分の中で結論づけられた(C級!)

・三叉路の流れがほぼ仮説通り

・コスケの流れを感じるパフォーマンス

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191230004720j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191230004725p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191230004710p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191230004703p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191230004715p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191230004707j:image

 

 

 

 

新規加入選手 スタスイのフォロー用ドリフトプラグ達

スタスイ100で食い切らなかった時、サイズダウンさせるプラグを探している。

 

ついに伝説のワンダー80をゲット。

さらに禁断のブルーブルー…こいつは「気絶ドリフト」の動画を信じる。

 

◯ワンダー80

◯ブローウィン80s

 

ワンダーは1340円で少しリーズナブル。

ローウィンは1511円で普通。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191229095410j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191229095403j:image

北西風シーバス、大いなる反省と学び

昨日は大惨敗の淡路島北西風遠征。

しかし、その後の先輩方の釣果からも大いなる学びがあるのでメモ。

 

◎風速10メートルオーバーは無理

そもそも投げづらい、波も怖くてやれる場所限られるのもあるが、シーバスが活性下がってる気がする。

流石に荒れすぎなんやろう。

実際、先輩方は収まった夜に釣ってる。

 

 

◎ジアイは6メートル程度か、爆風が弱まった頃

程よい荒れ具合として、5-7メートルくらいなのではないか?

最高がこの程度の時は、ピークの時に狙うと良さそう。

爆風で10メートルオーバーの時は、6メートルくらいに収まった時がシーバスが動き出す時。

 

 

サラシの下

メッシさんはサラシの下で釣ってる。

昨日は流石にテトラは立たないだろうから、足場のいい垂直護岸と思われる。

たしかに昨年だが、富島はかなりサラシてた。食わなかったが…

サラシの奥に投げて、できればカケ上がりとかがあれば良いが、サラシの中でジャークしてアピールして食わせるイメージか?

 

 

◎河口は逆流ではダメ?

恐らく良いタイミングは、下げの流れと北西風がぶつかり合ってサラシたり潮目ってたりする時?

昨日の風が勝ってるうちは、良いポイントとは言えなさそう。

昨日だと、22時くらいにそよ風になって、下げの流れがピークに達した時が狙いか?

 

 

◎荒れ後は青物も釣れる?

これは推測だが、荒れから24時間以内なら青物の活性も上がってる?

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191228094659j:image

2019/12/27 釣行記 淡路島北西風シーバス遠征

◎レジェンド突堤

0630到着も、爆風で波高く断念

推定風速12メートル

サーフならできなくはないが、投げられる気がしなかった。

ビシャビシャ必至やし。

 

 

◎富島

7時前到着、なんとかできそうなので2投したが、波怖くライン膨らみすぎたため断念

推定風速12メートル

やはり投げられなかった。

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085231p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085237p:image

 

 

◎郡家

0715到着、防波堤裏の郡家川に入ったシーバス狙うも、波が波止を超えるし、川は浅いしで投げずに断念

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085948j:image

 

 

◎佐野

◼︎0820-1000  @先端

◼︎大潮、満潮0747、最初北向きにいい流れも弱まる

◼︎晴れ、西北西10メートル以上だが、西よりマシ、追い風

◼︎ベイトっ気皆無

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者なし

 

何とか投げれる場所を探して西へ。

爆風だが西よりマシ、そして追い風ゆえ何とかやれる。

ぶっ飛ぶ、モンスターショットは100メートルオーバー。

しかしあまりにもベイトっ気なく、流れが10時前にはかなり弱まったため移動を決意。

やっぱ今日は西や。

なお、釣り人皆無。帰りに3人組がエギングしに来たが。

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085253p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085331p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085621p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191228090037p:image

 

 

◎都志

1330-1430に湾内シーバス狙い。

外側はまだ波止を超える波。

この時点で北西風7メートルくらいか?

これくらいならできる。

モンスターショットなら50メートル、レスポンダーでも30メートル飛ばせる。

広範囲に探ったり、岩壁横のシェードに沿って投げるも反応なし。

過去深さは10メートル弱ある、手前でも。

なお、モンスターショットを2回追い風キャストで護岸にぶつけ破損。

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085403j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191228090440p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191228090506j:image

 

 

◎某河口

◼︎1630-1730

◼︎下げ続けタイドだが、風が勝って上流向きに逆流

◼︎晴れ、北西風7メートルくらい、やや弱まる

◼︎ベイトっ気皆無

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者なし

 

レジェンドおすすめポイント。

河口のカーブを狙う。

上流からの下げの流れと、北西風がぶつかってサラシか?、と思って来たが、完全に風が勝っている状況。

逆流しとる…これがいいのか悪いのかわからない。

とりあえず流した方が良さそうなので、下流向きにキャストして、護岸沿いを狙う。

スタスイ、レッパ…出ない。

最後はヤケクソ気味のロリべもダメ。

暗くなってからは慣れない竿でキャスト精度が悪くて、どこに飛んでるかわからんため断念…

ほんま真っ暗、ここ。

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085458j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085525p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191228085544p:image

 

 

◎某浜

◼︎1830-1945

◼︎下げっぱなしタイド、浜なので流れなし

◼︎晴れ、北西風4-5メートル

◼︎ベイトっ気皆無

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者、モンスターショット赤金

 

Mさんからレジェンドがここに行きたがってると聞き、期待して開始。

南側のシモリの上を狙うが、あっさりモンスターショットが引っ掛かって死亡。

上を引くためにその後はミノー中心。

やれることはやり切ろうと、ヒラメミノー、レフポンダー、レッパを投げ倒す。

続いてリスク承知で冷音やvj-22を投げてもダメ。

ついに肩と右ケツ上部が痛くなってきたので、ここいらで終了とした。

 

 

 

 

2019/12/25 釣行記 冬のナイトシーバス開幕戦

◼︎12/25  2230-2400  @中の浜西水路

◼︎大潮、干潮0046、流れ弱いがここならこんなもん

◼︎晴れ、北北東の風1-2メートル、気圧低下中

◼︎ボラジャンプ多数、イナッコ大きめジャンプも多数

◼︎ワンバイトオンリー、ボウズ(2バイト?)

◼︎殉職者なし

 

※冬シーバス 1打数0安打

 

 

シルベラードがどうしても入魂したくて、仕事納めから晩飯食って出撃。

大潮の下げなので、浜の水路で流れが出ると踏んだ。

干潮前が懸念だが、干潮前にジアイが来ることも期待して。

 

到着時に海を見たら結構流れてる!

と思ったが、実際には緩い。

北西部はやや流れてるから、南北水路の流れもこの北西サイドからの流れなんだろうか?

 

いずれにせよ、明暗をスタスイ流してみるが、ろくに流れないしバイトはない。

ほか、アイボーンやマニックフィッシュを流してもダメだから、バイブでボトム探ったりもするがなんもなし。

徐々に移動して北西部でも同じことやるが、当たりはなく再び水路に戻る。

 

すると、反応が。

北西角のあたりを北側にキャストしてスタスイを流すと、ブルブルっが来た。

しかし乗らない。

その後、同様にスタスイを流し、続いてマニックフィッシュを流してみるが、バイトはなかった。

 

あとは軽くチヌボトムもやるが、すぐに飽きて終了。

 

スタスイのフォローによいルアーがなかったことが悔やまれる。

100ミリの次に88のマニックフィッシュにしたが、レンジが上ずるし、ロール主体の特殊な動きなんよねえ。

80ミリのシンペンが欲しいと思った夜だった。

 

 

◎本日の学び

・スタスイ100のドラフトはやっぱりいい

・しかし、食わせきれなかった時のフォローのシンペンがない、必要だ

・この場所は大潮の下げでも流れ弱い、とはいえ流れてるしバイトあったから、可能性はあるのか?

・南北よりも北西部の方が流れてる

・バイトは北西角よりやや南側

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191227122217j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191227124924p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191227122208p:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191227122212p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191227122204p:image

新規加入選手 青物とフィネスシーバス用と

明日の爆風に向け、モンスターショットを追加。

また、フィネス冬シーバスのために、軽量小型プラグを追加。

コモモは在庫処分!

ジグヘッドは鳴門メバル用についに0.9g。

 

◯コモモ85F

◯ミニエント57s

 

◯モンスターショット95

◯ユラメキ

メバルショット0.9g

 

◯メイホウリバーシブル100

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191226124338j:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191226124322j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191226124326j:image