武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

2019/8/17 釣行記 淡路島ランガン

◯8/17  0450-0650  @佐野

◯大潮、満潮0702  北向きに速い流れで30gジグで底取れず、次第に弱まる

◯晴れ、東向きの風1-2メートル

◯ベイトは目視出来ずも、魚っ気ありあり

◯釣果、パーフェクトボウズ

◯殉職者なし

 

鳴門帰省がてらの青物狙い。

Mさんと現地集合、T&お友達も遅れて参戦。

 

佐野は、潮が6時以降反転して北向きになる予報、それほど強まらないらしいが、なかなか良さげと判断してGO。

 

開始早々、Mさんがジグサビキでカマスヒット。

さらに極小タチウオを2本、ジグで。

しかし俺にはなく…

 

その後手を変え品を変えやってると、予報より早く、5時代から北向きに流れが強まってきた。

しかしゴミが邪魔で集中力が続かない…

 

んでまあ、グダグタになってたところ、右4つくらい隣がデカイのをかける。ばれたけど。

さらに、奥の双子らしきは80のシイラ

Mさんもモジャコをソルトスキマーで仕留める。

 

というわけで、魚っ気ありあり。

0530-0615くらいかな。

この時間帯はガンガン投げたが…

ついに当たりなく、0630くらいにギブアップ。

悪くない日だっが、ジアイをとらえられない腕不足を痛感する日だった。

 

その後、イクハ、灘にいったが、まあ時間も時間やし何もなし。

 

イクハは予報通り北からのええ潮、風、天候変化もありええ雰囲気やったが…

灘はドピーカンで気配も何もなし。

由良の干潮時刻で潮も全く動いてなく。

 

 

本日の反省としては、

・やはり集中力、上手い人はジアイを逃さない

・ゴミの多い場所からさっさと移動すべきだった

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818081407p:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818075924p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818075942p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818075919p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818075946p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818075913p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818075937p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818075929p:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818084233p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190818084229p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190818084452j:image

2019/8/13 釣行記 ゴロタ調査

◯8/13  0700-0900  @ゴロタ

中潮、満潮0752(孫崎)  たぶん0730頃満潮

◯晴れ、風はほぼなし

◯ベイトっ気皆無

◯パーフェクトボウズ

◯殉職者、沈めてヘビーショット、リーダー抜けてレスポンダー109F

 

 

いよいよウネリやばそうなので、影響のないところへ。

しかしゴロタの潮、朝まずめは流れないやないか…

ならば、潮が動きそうなタイミングで行ってみるかとなり、8時くらいの反転に期待してゆっくりゴー。

 

7時くらいにポイント到着。

だーれもいない。

見た感じ平和すぎる海。

まあ、8時くらいから本番だと考え、レスポンダー109、149、ヒラメミノーなどを投げて泳ぎや飛びを確認する。

で、ちょっと沈めてみるか…とヘビーショットを沈めると、即根掛かり…

 

なお、この時間帯は緩やかに東向きに流れてる。

おや?、予報と違う?

いや、もうすでに反転してるのか…

転流は0730までにしとるな。。

 

リーダーを巻き直して再開。

すると8時頃、東向きの潮が強まりはじめ、曇ってきて風も出てきて…

なんだか釣れそう。

先のルアーや、ぶっ飛び君、フィードポッパーなどをここぞと投げるが…反応なし。

 

その後、場所チェンジ。

岬先端に行ってみるが、こっちは逆に流れがあまりないような…

鳴門の潮は複雑か。。

 

ラストはレスポンダー109をキャストしたら、リーダーからすっぽ抜けて殉職…

これにて心折れて終了。

 

 

本日の学びとしては、

・だいたいゴロタの潮はわかった、想定通りだった

・しかし、やはり複雑ではある

・ゴロタはベイトおらんと無理!秋以降!

 

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190815162825j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190815162820j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190815162743p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190815162748p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190815162815p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190815162835p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190815162828p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190815162841p:image

2019/8/12 釣行記 徳島メジャーポイントでシーバス!

◯8/12  0450-0650  @徳島巨大ワンド北向き

中潮、0304満潮からの下げ3-5分、左右の流れはあまり感じない

◯晴れ、風ほぼなし

◯ベイトは見えず

◯釣果、シーバス60弱1、手前テトラ際でヒット0530頃

◯殉職者なし

 

朝まずめはゴロタと迷ったが潮が悪いので、タチウオの下見も兼ねて巨大ワンドへ。

ウネリが怖いが、沖向きでなければいけると予想。

 

到着0430頃。

やはりタチウオマンたくさん。

しかし、全く釣れてない、、最後まで一匹も見なかった。

 

で、奥へ奥へ進出。

沖向きがどうか確認したが、できなくもなさそうだが、だーれもいないし危険と判断してやめておく。

3時満潮やし、みんな危険と判断したんやろうな。

北向きの先端近辺でスタート。

 

しかし。

北向きでもまあまあウネリが入ってくる。

そして、濁りまくり。

これはサゴシはきつそう。

とはいえ、テキトーに投げまくる。

 

目立つ色を、と思ってヒラメミノーのゴールドをゆっくり巻いてると、まさかの手前でヒット!

テトラ際のシーバス君、まあまあでかい。

が、波が高いのでタモは難しいと思って、ブチ抜き!

見事に抜き上げたが、テトラの穴に2回落ちたり、なかなか手間取ってしまった。

が、確保に成功、58くらいかな。

 

ラテオ110MH君、なかなかやるじゃないか。

メジロには翻弄されたけどな…

 

やはりシーバスはテトラ際で食うんやな。

沖から追ってきたのか、あとでキワを流してみても何もない。

追い込んで駆け上がり的テトラキワで食うたのかな?

 

その後はほぼキャスト練習。

全く気配もなけりゃ、波しぶきもかぶるし、2時間ほどでパン屋の開店に合わせて終了。

 

 

本日の学びとしては、

 

・濁り、ウネリ、テトラキワのシーバス

・ゆっくり巻き

・ウネリは危険!(1.1メートルでもこれかい!)

 

てところか。

徳島で久々に釣れて嬉しかったわ。

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190813073851j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190813073847p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190813074710j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190815180243p:image

 

2019/8/11 釣行記 淡路島西側短時間勝負

◯8/11  1700-1830  @尾崎

若潮、上げ5-6分、南向きの流れのはずが北向きに緩めの流れ

◯晴れ、南西の風2-3メートル

◯ベイトは見えず

◯釣果、パーフェクトボウズ

◯殉職者、ぶっ飛び君

 

海水浴後の短時間勝負が、青物シリーズ今期開幕戦。

 

狙いは、

・潮通しの良い場所

・14時頃の潮の反転のタイミングから強まっていく

・潮が南向き

 

テトラに立ってキャストするが、ラテオツインパ重い…

怖いのでリハビリを平坦地で。

想定外に潮が逆?

そしてぶっ飛び君が、キャスト時の右指引っ掛かりにより飛んでいって殉職。

それでタイムアップ。

 

まあ、慣れるための時間だったが、なーんもなし。

また西を調査しよう。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190812181631j:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190811114428p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190811114416p:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190812182104p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190811114412p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190811114423p:image

新規加入選手 ワインド消耗品たち

年内はルア禁を決めたが…

ワインド消耗品は例外ということで…

消耗品だから…

 

◯パワーダートヘッド14g  ×2

◯パワーダートヘッド20g

◯パワーダートミノー  グロー系2種類

◯ワインド用追加フック

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190806023751j:image

新規加入選手 レスポンダー109f、バーティス97fなど

ナチュラム祭り、しょぼいと思ってたら追加されてて。

レスポンダーが格安だったので飛びついてしまったが、送料無料にするためについ…

 

◯レスポンダー109f  ×2

◯バーティス97f

◯マニックフィッシュ88

◯冷音14g

◯耐力スナップ#1.0  #1.5

◯ブンタ根魚10g

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190728223745j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190728223750j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190728223758p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190728223802p:image

2019/7/27 釣行記 春夏シーバスファイナル

◼︎7/27  2140-2340  @ホームリバーやや上流

◼︎長潮、ベッタリタイドの満潮水位、流れはそこそこ

◼︎曇り、風ほぼなし

◼︎ベイトは見えず、ボラはまずまずの量

◼︎ボウズ、魚かボラかわからないあたりは3回ほど、ボラヌルは多数

◼︎殉職者なし

 

先週チヌは釣れたが、シーバスは釣れる気がしない。

もう25度突破したし。

タイドも悪いしやめとこうかと思ったが、以下の確認に行くのだという理由でGo。

 

(確認事項)

・最悪の潮だが、雨後なら流れるのか?

・25度を超えてシーバスの反応はあるか?

・前回のドリフト再現と練習

・ドッグウォークをスカイロードでできるか?

・ボトムチヌ再戦

 

到着後川を見たら、まあまあ流れてる。

いいかもしれない…

 

では、今回は久々のスカイロードとセオリー2508なので、まずはドッグウォークの練習から。

ジャイアントドッグX、謎のチビポッパー…はい、出ない。

得意のショアラインシャイナー97f、あかん。

97sに変えてもダメ。

 

この辺で飽きてきたので、ボトム捜査。

とは言えやり方がわからん。

とりあえず用意したジャッカルのジグヘッドとワームをボトムズル引き。

案外砂地で、全然根がかりしない。

しかし、魚の反応はなし…

 

最後、マニック95なげたら、少しバイトらしきがあったが、まあ乗らない。

ボラかな?違う気もするが。

 

で、2時間ほどであっさり終了。

やはりもうこの時期はあかんね。

俺では釣れない。

ちなみに先行者がなにかを釣ってた。なにかはわかりません。。

少なくともエラ洗いはしてなかった…

 

 

なお、調査結果は以下の通り。

これがわかったので、収穫は多い釣りですよ。

 

(確認事項)

・最悪の潮だが、雨後なら流れるのか?

→流れる。が、単に上げでないならこのくらいは流れる説も残る…

 

・25度を超えてシーバスの反応はあるか?

→ない!俺には出せない。

 

・前回のドリフト再現と練習

→ショアラインシャイナー、マニック、サスケ95fでやってみて、それなりにできる。しかし詳しくどこにいるかはわからない…

ちなみに全く何も起きなかった。

ただ、キビレ上手い人の爆発見てると、居場所がわかっていて、さらに食わせ方を知ってる。

ホームリバーはスレまくりやろうから、場所とテクを揃えなあかんなぁ。

たぶん、ミノーやシンペンのドリフトが答えなはず。

居場所見つけなあきませんな。

今日のところにはブレイクはない。

 

・ドッグウォークをスカイロードでできるか?

→余裕。タックル軽いとやりやすい。

 

・ボトムチヌ再戦

→ここにはいない。砂地やから。しかしずっとこれやるのは飽きるから苦手やなぁ…

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190728011720p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190728011708p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190728011700p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190728011713p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190728011725p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190728011704p:image