武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

2019/12/7 釣行記 シルベラードデビュー戦

◼︎12/7  0945-1050  @ホームリバー上流

◼︎若潮、干潮0946  流れ緩いがある、次第に弱まる

◼︎曇、ほぼ無風、気圧低下気味、水温安定

◼︎ベイトはイワシ、ボラも飛ぶ

◼︎パーフェトボウズ

◼︎殉職者なし

 

朝まずめ出撃寝坊したが、塾の送迎の間にデイゲームすることに。

潮はクソだが、竿を試せれば良い。

 

チヌも釣れたマイポイントにてリグをズル引きなどしてみる。

プラグも重さがどの辺まで流れるかを確認。

そんな日。

 

たぶんイワシがすごい量いる、マイワシ

そんで流心のあたりでピチャピチャやってるが、これはなんかに追われてる感じではない…

少なくともシーバスボイルや青物ナブラは起きてない。

フィッシュイーターはたぶん不在。

しかしイナッコ 大サイズも飛びまくってて、わけわからんわ。。

 

 

以下に収穫をメモる。

 

 

◼︎シルベラード742MLについて

◯ボトムの感度は当然良い

◯3.5gは流れるけど5gくらいからまともに流れる感じ

◯上は最大12gまでしか投げてないから不明

◯10g前後が投げやすい

◯マニックフィッシュ88で60m

◯ミニエントで50弱

◯シルバードッグとマニックフィッシュのドッグウォーク、驚くほどやりやすい!

→しかしまだ、振り切る感覚が掴めない。練習あるのみ。

 

 

◼︎ホームリバーのチニングについて

◯底はマジで砂、一度も根がからず。これはチヌおるんか…

◯干潮時はこんなにも浅いのか…

◯3.5gでないと浅すぎるが、そうすると飛ばない…

→流れのある満潮からの下げで、7gくらいをズル引きすべきか?

 

 

チニング、謎だらけやが、これは本格的にトライしたら面白そう。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191207161125j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191207161135p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191207161144p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191207161130p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191207161139p:image

 

新規加入選手 シュガペン、シルバードッグ、ロリベ55

冬のシーバス、そしてチヌのため。

トップで出るかは知らん…練習や。。

 

◯シュガペン58f

◯シルバードッグ75

◯ローリングベイト55

◯ジグパラブレード5g

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191204234742j:image

新規加入選手 シルベラード74ML

冬のフィネスシーバスのため。

ついでチヌも釣ってみたい。

 

 

ボトム攻めで欲しかった感度を求めて、ブルーカレントではなくシルベラード74ML。

ブルカレはちょい柔らかすぎて、感度はシルベラードの方が上と判断。

あと、小物ならブルカレだろうが、小物狙うわけではないからね。

引きの強いチヌキビレ、小さくてもシーバス相手のつもりなんで。

 

まず初戦は、水路のチヌかな…

 

イチバンのさらに15%券で、実質24%オフでゲット!

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191204000450j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191204000456j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191204000628j:image

2019/11/30 釣行記 淡路島でプラッキング青物狙い

◼︎11/30  0600-0800  @レジェンド突堤と横のテトラ

◼︎中潮、干潮0336、前半は南向きに強い潮、8時ごろに止まる

◼︎晴れ、北東風4-5メートル、水温が急低下中

◼︎ベイトっ気なし、鳥なし

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者  PB-30

 

淡路島で最近釣れてるらしいので、昨年の再現を狙ってレジェンド突堤へ、Mさんとともに。

 

事前予想では潮が6ー7時に転流、以降は南向きに強まっていくと思われた。

変わり目のタイミングと強まってくるタイミングが狙いと踏んでいた。

風は横風で邪魔になるのは想定済。

 

6時ちょうどくらいからスタートすると、思いの外風が後ろから。東南東?

そして何より、がっつり潮が効いている。

はっきりわかる強い流れが南向きに。

どうもここはネット情報通りにはいかんね…

しかしそれは良い意味での想定外、さらにMさんにアタリがあったそうな。

これはチャンスとばかりに2人で投げ倒す。

今日は釣れそうな予感がしていた。

 

先発はNODE150、続いてバーティス140f、セットアッパー 、ヒラメミノーと投げるがアタリなし。

ポップクイーンはテトラが邪魔でアクションしにくいからすぐ交代。

ならばとぶっ飛び君、さらには新兵器モンスターショットを投入して長距離戦、ダメ。。

これはベイトが小さいかもとパワーブレードを使うと……根掛かり殉職。

 

この時7時を過ぎていたので、場所を変える。

北側の気になるテトラへ。

 

このテトラ、ボロボロでめっちゃ歩きにくい。

最近の運動不足が堪える…

が、このポイントはチャンスあると期待してたので頑張ってお目当てエリアまで到達。

 

しかしそこは東風がモロにあたる、横風全開エリア。

これはなかなかシビア…

Mさんはさっさと見切って撤退してしまうし。。

それでもポイント発見も兼ねてるので意地で調査を継続。

 

ルアーはモンスターショット一択。

こいつ、40gでラテオ110mhにドンピシャやし、飛行姿勢が良くて、ほんまにめっちゃ飛ぶ。

この悪条件でも、70回転ほどは飛ばせる。

 

んで、探っていると微かなアタリが2回。

正直、アタリか地球かはわからん。。

 

このエリア、手前は海藻帯みたい。

グーグルアースで黒いのはこれか。

しかし、その奥、30メートル以上飛ばせば少し深くなる。

つまりは手前はシャローで、30メートルラインにブレイクがあるような感じ。

これ、北西風でベイト寄ったらチャンスあるんちゃう…?

なんて、ポイントのポテンシャルに期待してしまうが、本日はベイトがお留守の模様。

結構投げたが反応はついに得られず撤退。

 

突堤に帰還したのは8時前。

Mさんともうちょっと粘ろうとなったが、流れが止まってしまったので移動を決意。

 

 

その後、イクハが空いてるやろってことで行ったが、俺はショアプラッキングはせず。

Mさんものちに合流してライトゲームをやってみたものの、魚がいそうな外側は風が強くて釣りにならん。

内側は風裏になるが魚がいない、流れもない…

というわけで、ライトゲームもボウズで本日は終了。

 

 

●本日の学び

・レジェンド突堤とテトラの地形確認

・ここの潮は予測できない

・テトラのシャローの奥にブレイク、北西風後はチャンスかも

・モンスターショット最高

・潮が効いててもベイトっ気なけりゃ見切るべし

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191130215558j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191130215547p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191130215541p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191130215608p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191130215603p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191130215553p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191130215759p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191130220233p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191130222021j:image

 

新規加入選手 モンスターショット購入

週末の淡路島に向けて、さらに遠くへ40g。

ついでにホゲ時のアジ用も。

 

◯モンスターショット95

◯アジ弾丸と特売ワーム1.5インチ

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191129000717j:image

 

 

淡路島ブリ退治 ルアーフックカスタマイズ

12月は青物狙い。

 

イワシにセットアッパーだが、デフォルトのst-46#6はあまりにも心許ない。

ここは、リングは#4に。

そしてフックはYS81#2の2本で。

セットアッパーは重すぎる気がするが、st-46#4までは、ダイワ のテスターが大丈夫って言ってた。

 

ヒラメミノーも同様の変更。

 

マグダーターはデフォルトの錆びるクソフックを捨てて、spxh#3という極太フックに変更してみた。

こいつはデフォルトがst-56風#1らしく、2.14gもある。

つまりspxh#3で重さ同じですな。

 

しかしこれらのフックチューン、タックルはそのままやから、確実にラインから切れるやろな…

 

なお、

 

・spxh#3  2.10g

・st-56#1  2.14g

・st-46#6  0.57g

・st-46#4  0.76g

・YS81#2  1.50g

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191128000628j:image

2019/11/24 釣行記 秋シーバスファイナル&ライトゲーム本格参戦

◼︎11/24  0610-0700  @ホームリバー上流

◼︎中潮、満潮0521、流れ緩いまま

◼︎晴れ、風ほぼなし、気圧安定、気温上昇

◼︎ベイトはマイワシっぽい、多いがボイルなし

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者なし

 

※秋シーバス 23打数4安打2四球3鱸 .174

 

秋シーバスラストのつもりで。

満潮からの下げ始めと朝まずめが重なるため、先週浜が良かったけどあえてホームリバーへ。

魚が落ちたかを確認する。

 

6時到着、まだ暗い。

何やらベイトっ気はある。(後で動画を見てもらってマイワシ

しかし一切ボイルはない。

 

短時間勝負なので、早速マイポイントへ。

スタスイ100のドリフト、出ない。

次はバーティス 97f、これもドリフト気味に行くがダメ。

その後、ガルバで表層、そしてミニエントのダートの続けるが反応なし。

これ、シーバスがおらんくなったということだろうな。

 

※後にマイワシパターンなら夜しかアカンことを知るが、それでも6時過ぎならボイルして欲しいところ

 

リバー、これにて秋シーバス終了宣言。

(浜はイワシあるならまだ行くよ…)

 

 

本日の学び

●11月下旬、シーバス落ちた

●マイワシが入ることもあるんやな

 

 

その後中の浜でライトゲーム。

ルアーマチック76ulとソアレBB2000pgに、pe0.3号でやってみた。

すると…

おいおい、浜にイワシ入ってきてて、隣のおっちゃんツバス釣ってるやん。。。

シーバスぽいボイルも一回あった。

こんな状況では小物は怯えて出てこない?

 

何にせよ、何という巡り合わせの悪いことか…

懲りずに後4回練習しよう。

 

なお、ルアーマチックの感度が絶望的に悪い…

モアザンより感度ないやんか。。

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191124162656j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191124162700p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191124162705p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191124162652p:image