武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

新規加入選手 コンタクトベゼル24g、ショアラインシャイナー97s、メタルスカウト21g

ベゼルとメタルスカウトが異様に安かった…

 

◯ベゼル 24g

◯ショアラインシャイナー97s

◯メタルスカウト21g

◯ブンタ7g

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190727003423j:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190727003538p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190727004132j:image

2019/7/20 釣行記 雨後ホームリバーでナイスチヌ

◼︎7/20  2150-0150  @ホームリバーちょい上流

◼︎中潮、満潮2141、流れしっかり、2時前でも潮位10センチくらいしか下がらず増水モード

◼︎曇り、風は北風が0-1メートル、弱い

◼︎ベイトは濁ってて見えない、ボラジャンプは22時過ぎが最盛期で、あとはパラパラ。ジアイは22-23時だった気がする

◼︎釣果、チヌ42くらい、乗り切らず2回

◼︎殉職者なし

 

今週は木曜までしばしば大雨が降り、増水が予想されていた。

金曜もずっと雨だったので、釣りにならんと思って回避したら…

土曜の午前に猪名川見たり、ツイッター情報だと、どうやらできたっぽい…

 

土曜、下げ始めにあわせ、ほぼ満潮時刻に到着。

河口側は駐車場が2つ一杯だったので、たくさん人がいたと思われる。

良い機会なので北側エリアに初参戦。

 

到着すると、先行者は1-2名。

声かけてきたおじさんは河口から上ってきてるが全然ダメだと。

まあ、時間帯が悪いような気もするが…

 

ボラはよく跳ねてる。

流れは、ルアー流してみるとそこそこ。

そして水は多い、護岸ギリギリまである。

濁りもキツめ、期待できそう。

 

今夜はチヌトップとやってみようと言うことで、先発はドッグxでドッグウォーク。

これ、かなりやりやすいな。

しかし、何も起きない。

引き続き表層狙いでにょろにょろ投入、これもダメ。

では、少しレンジ入れて…っていくつか試したあと、ショアラインシャイナー97fを投げると…

 

正面にキャストして、ルアーがターンしたあたりでガツンとバイト。

今日はドラグも緩めでおそらく適切、しっかりフッキングできたぽいので、落ち着いて寄せてくる。

やはりチヌさん、なかなかでかい。

抜き上げてみようと思ったが、抜けないサイズ。

最後はタモ使ってランディング。

またしてもお手柄、ショアラインシャイナー97fさん!

 

推定42センチのチヌ、うれしいねぇ。

しかしモアザンはやっぱりパワーあるな。

1ミリも主導権を渡さず、ゴリゴリ寄せれた。

前回のボラスズキや、エイで確認済みではあるが、そのパワーを確認できましたな。

 

で、再開後はサスケ95ssにバイト、一瞬乗ったがジャンプ一発でサヨナラ。。

 

どうも…

表層直下はボラにあたるが、食ってこない。

その下であたる。

それがチヌかシーバスかはわからんが、50センチ以上下なんだと思われる。

しかし、当日はルアーが、一番潜るのがサスケ95ssしかなく、シンキング系はなし。

仕方なしにサルベージソリッド60を投げるが、絶妙のレンジは探れない…

 

で、河口側に移動を決め、投げては歩き…を繰り返す。

キワも流しまくる。

 

エリテン

サルベージソリッド60

ショアラインシャイナー

サスケ95、レッパ

テリフdc-9

にょろにょろ

 

この辺で返事とアクション変えて投げ倒すが一向にあたりなし。

この頃、ボラジャンプも減ってきていて、活性も落ちてるんやろなあ。。

ほかのルアーマンも5-6人おるが、異常なし。

(沖にキャストばかりしてたので、バイブ?)

 

で、戻ってきてチヌの場所に来ると、シーバスらしき音のボイルが。

どうも本日はドリフトしてターンするところで食う気がするので、サスケ95sfを投げてU字メソッドやると…ドンって!

しかし、即ジャンプ、またサヨナラ。。

 

その後、エリテンで釣ってやろうとして粘るが、バックラッシュして終了。

エリテンはついに反応なし。

 

本日の気づき

 

◯リバーは下げ始めが熱いかも

◯ボラは活性の指標

◯U字メソッドやはり大切

 

 

淀川鱸さんのブログを読むと、彼のスタンスは、

「ベイトは追わず、居場所を見つけて、手を替え品を替えて食わす」

感じ。

 

これ、ホームリバーにおいても同じことが言える。

護岸や橋脚といったスレまくりポイントではなく、自ら大河川の中でポイントを見つけ、

夜ならミノー流し込み、

昼ならバイブを鼻先かすめる、

そんな手法で食わせるのが彼のスタイルだそうで。

 

それこそが俺のやるべき釣りなのかもしれない。

今回、なんとなく居場所はわかった。

しかし、レンジ下げるミノーを持ってきてなかったり、そこでバイブの早まきをするって思い付かなかったり。

居場所を見つけてからの引き出しを増やすことが、次の課題なのかもな。

 

居場所見つけるのは、ミノー流して反応探ってくしかないわな…

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190721142446j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190721142431j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190721142442j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190721142435p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190721142428p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190721142439j:image

 

 

 

 

新規加入選手 コアマンズと中古シンペンズ

コアマンズは先日イチバンにて。

もうvjには逆らいません。

 

中古たちはお宝箱にて、バチシーズン終わったからか、バチルアーが安かった。

トップキビレに効くサイズかも…も期待。

 

◯vj-16

◯vj-22

◯アルカリ

 

◯マニック135

◯ヤルキスティック95

◯にょろにょろ85

◯ドッグx

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190720160236j:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190720160241j:image

 

 

セルテートのカスタマイズ

やはりT字ノブは巻き抵抗のデカいバイブは左手が痛く、ラウンドノブに変更を決意。

そしてついでに、ゴメクサスの安いリールスタンドもセットで購入し、装着。

 

ハンドルは調整ワッシャー2枚がガタつき最小っぽい。

 

満足…

 

あとは、たぶん15gくらい重くなり260gのリールになってるので、モアザンとの相性が悪くなってないか確認を。

重けりゃリールスタンド撤去。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190715075750j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190715075755p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190715075759p:image

2019/7/14 釣行記 ホームリバー&ホーム浜で夏のデイゲーム最終戦

◼︎7/14  0545-0615  @ホームリバー護岸

             0645-0745  @東の浜

◼︎中潮、0416満潮、リバーはそこそこ流れあり、浜は皆無

◼︎曇り、北東風1メートル程度

◼︎ベイトはともに見えず、ボラジャンプはリバーで少なめ浜は極小、浜でアジサシ少しダイブ

◼︎リバーは許容できる濁り、浜は終わってる赤錆でルアーがピックアップまで見えない

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者、ワーム1

 

昨日の惨敗を受け、終戦の予感はしつつも、昨日の雨に一縷の望みを託して出撃。

 

予想通りリバーは雨の好影響なのか濁りがマシに。

流れもある。

ボラジャンプは少なめながら多少あり、生命感は感じる。

ならば、と。

テリフdc-9、vj-16、レンジバイブ、スーサンという超一軍を惜しみなく投下。

護岸沿い、沖、アップ、ダウン、レンジ刻む、速い遅い…あらゆるパターンを試してノーバイト。

30分で見切り。

デイのリバーは終了やな。

 

続いて東の浜。

しかし到着直後に終戦確認。

赤錆色が凄まじい。

流れもないし鳥も少ないし、もうやる気さえ起きない状況。

1時間、一応色々試しつつ、キャスト練習をして終了。

浜も上手い人なら粘って出せるかもしれないが、今の俺ではやるべき状況じゃないね。

6末で終わってたね。

終戦

 

この土日、朝まずめからのデイゲームを試したが、もう水が厳しいようだ。

北風続きの影響もあるかもしれないが、この時期の水温になると流れ弱い浜なんかは水が腐るんだろうな。

7月からは違う釣りをするってことにしよう、来年からは。

 

来週からは、

・沖堤防シーバス

・遠征ショアジギング

・ご近所ナイトリバーシーバス

 

のどれか。

 

いい勉強になったね。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190714200113j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190714200109p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190714200102p:image

 

 

新規加入選手 タックルベリー探訪

頼まれごとのついでに。

 

秋のハイシーズンの活躍を見込んでレッパ。

テリフdc-12は格安バイト。

ロリベ77  は16g仕様が格安、66は安くないけど使うところありそうなので。

 

・レッパ 756
・テリフ 540
・ロリベ77 432
・ロリベ55 756

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190714092935j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190714092932j:image

2019/7/13 釣行記 雨後×下げ×朝まずめ×ローライト @ホームリバー

◼︎7/13  0445-0645  @ホームリバー護岸

◼︎若潮、満潮0336、0530くらいから流れ始める

◼︎曇り、北東風1-2メートル、赤っぽい濁り

◼︎ベイトはハク大イナッコ未満らしきが手前で悠然と泳ぐ、少ない

◼︎釣果、ボウズ、ボラ1

◼︎殉職者、鉄板バイブ14gグリキン

 

ぼちぼち厳しい季節だが。

木曜夜の大雨、満潮からの下げ、朝まずめパワーでなんとかなると踏んでホームリバー出撃。

セルテートデビュー戦は勝ちたい。

 

到着時、先行者なし、嫌な予感。

しかも、かなり濁ってる…赤っぽいし…赤潮

ボラジャンプもないぞ…

 

開始時は流れなし。

ただ、ショアラインシャイナー97f先発で、いきなりコツコツあたる。

vj-16に変えるが当たらなくなる。

上か?

ということで、テリフdc-9で表層すぐ下を探るとヒット。

なんかわからんが寄せてきてる途中でバレる。

再現狙ってダウンに投げる。

今度も掛かる。

…が、なーんかおかしい。

首振る感じがない…あぁやはり…

60くらいのボラの背中スレ、これはよく引いた。

モアザンとセルテートのいい練習にはなったし、よしとしよう。

 

で、今日は沖よりも護岸沿いを狙う。

潮位あるし。

 

アップに投げたら一切あたらない。

ダウンはコツコツ。

しかし、これたぶんボラ…

 

移動しつつそんなことを繰り返す。

バイブレーションや鉄板の早巻きも織り交ぜつつ、200メートルくらい動きつつ撃つ。

しかし何も起きない。

 

0530くらいからは流れ出して、ボラジャンプも始まり、活性上がってきた感があったが。

そして、シーバスっぽいボイル音もあるんだが…

何も起きない。

 

結局、護岸沿いも沖も、アップもダウンも、レンジもいろいろ試したものの、無情の完敗。

 

潮は悪くないから、やはり赤潮か?

水温問題?

ボラはたくさんいたと思うが、ジャンプ少なくて元気なさそうやったからなぁ。

酸素が不足してるか?

 

引き続き調べよう。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190713165849j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190713165853p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190713165857p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190713165912j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190713165916j:image