2020/7/2 釣行記 雨後期待も、淀川初勝利ならず…

◼︎7/2  2030-2240  @C南部と中部

◼︎中潮、満潮1752、干潮2302、沖は流れそこそこ、スタスイドリフトができる、C中部はさらに流れ強め

◼︎曇り、北風2-3メートル、気圧安定

◼︎ベイト全く見えず、ボラジャンもほぼなし、ボイルなし

◼︎キビレ 1、あたり1回だけ

◼︎殉職者なし

 

6/30の未明から雨が降り、10-12時頃には50ミリクラスの大雨。

その頃には阪神橋梁で2メートル到達するも、その後は一気に弱まった今回の雨。

どうも7/1の朝には武庫川は普通に戻っていた模様。

強い雨が降っても短ければ増水効果はイマイチですな。

 

7/1夜は出撃できず、7/2の朝は起きれず…

もう増水終わってるやろし、ただの大潮前の中潮下潮に参加することに。

淀川の地形把握がもはやメイン。

 

2030スタート、どうも餌釣師が多く、ポイントが限られる…

Cの角近辺はできるが。

 

斜め45°くらいにキャストすると太い流れに届かない。

60°くらいだと届く、そこはしっかり流れてる。

しかし手前10メートルくらいのカケ上がりは全然流れてなく、引っ掛かりまくる。

こうなると、流れの差がある40メートルくらいのラインに付いてないか?、を確認をすることに。

 

アップに投げて流すが、なかなかバイトもなく、「あかんなー移動かー」と思い始めた時にガツン。

フッキングがバッチリ決まったので落ち着いて寄せるとやはりキビレ君…

嬉しいが、シーバスに会いたい。。。

 

42くらいのナイスサイズゆえによく引いた。

怪我させて申し訳ない、早々にリリース。

 

で、同じところを探るが…

追加バイトはなく移動を決断。

この南部ポイント、もうちょいだけ北側でやりたいが、人が多いねぇ…

 

なお、ヒットルアーはやはりスタスイ100のドリフト。

圧倒的な釣果ですな、このお方。

デカいのにアクション小さいから食わせやすいのか?

他にもパンチラインやらスイッチヒッターも投げたが、あたりはスタスイのみ。

ちなみにパンチライン13gでゆっくり流すとボトムに掛かる。(フック曲げて生還)

 

 

大きく移動してC中部へ。

見た感じ10メートルのとこにヨレラインはあり、流れの変化はありそうだが。

沖にキャストすると、南部より流れ強い。

なぜか風もこっちのが強いが…北風でやりにくい。。

ただ、南部より流れの差はなさそうで、ただ強い流れがあるだけ。

速いのでスイッチヒッター85sで探ってみるが、異常なく、どんどん北側へ進む。

小水門のところまで来て、投げてみるがいよいよ何もないため、ここでUターンを決意。

うーむ、こっちの側は流れは速いが地形変化ないのかね?

流れの差はない、潮目みたいなのはあるんだけどね。

あまり有望なポイントではなさそう。

こんだけ流れてるのに魚付いてなさそうなので。

 

戻ってから南部でちょい続けるが、特に何も起きずに終了。

2時間くらい経ったし、結構水位が下がってたな。

 

 

淀川シーバス、まだ出会えず。

 

 

◯本日の学び

・C南部は30-40メートルあたりに流速差がある

・もうちょい濁り、流れ強い時はチャンスあるか?

・沖もボトムは根掛かりきつい

・C中部はあかん

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20200704153643j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200704153639p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200704153651p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200704153632p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200704153646j:image