2020/2/22 釣行記 厳寒期の新月大潮アゲイン

◼︎2/22  2050-2220  @ホームリバー上流〜下流

◼︎新月大潮、干潮2459、下げ5-8分、流れは2120-2140くらいの一瞬強まる、他はユルユル

◼︎昼間10ミリ級の雨後の晴れ、風ほぼなし、気圧上昇中

◼︎水温11.5度、雨後でわずかだけ下がる

◼︎ベイトは、小魚は不在、ボラは死ぬほどおる

◼︎ボラあたりらしき多発、ボウズ

◼︎殉職者、チヌリグ1

 

昨夜は流れも風もない「無」の日。

本日は昼間にかなりまとまった雨、10ミリくらいは降ってた。

そして春一番ではないが強風も吹き荒れた。

この昼間の雨はこの時期どうなのか?

 

ってことで、雨で水も蘇り、冷たい雨でもなく水温下がらず、大潮の下げでしっかり流れることを期待して出撃。

 

到着後まずは水温を測ると11.5度。

昨日よりわずかに低いが、これはどう解釈すべきなのか?、まだわからない。

で、開始すると、到着時は流れが弱かったが、マイポイントに来てしばらくやってたら急に流れが!

そのタイミングでボラも跳ねまくる!

チャンスか?!

ということで、マニックフィッシュ、ワンダー80、ミニエントあたりを投げるが…

一度マニックフィッシュにショートバイトっぽいんのがあったきりで、釣れません…

そしてすぐの20分後くらいにはもう流れがなくなってくる…

チャンスタイムは終わり、昨日と同じ「無」の川に。

どうも、冬はそもそも雨がなくて流れ出にくいんやな、ということを学ぶ。。

一瞬の流れはあるけどね。

 

ちなみに中層をバイブ流したら、ボラに当たる当たる…

 

その後は河口まで散歩して、水温測ったら11.0度。

あんまり変わらんね。

特にここでも流れはないので、チヌを探そう、今日根掛かるまでやってみようと思い、10投目くらいで根掛かり終了!

河口部も何も変わりません。

ちなみに人も全くいない。

 

やはり厳寒期は辛いわ。。

アフターは少ない、たぶん。

ゆえに今の技術では釣れない。

なので、2週後の大潮までまた休もう。

そして、昨日の3-5月戦略に書いた通り、チヌのベストシーズンらしいので、バイブのボトムゲームでチヌと遊んで技術を高めようではないか!

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20200223151836p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200223151831p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200223151825p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200223151820p:image