冬から早春のシーバス振り返りと、3-5月戦略について

今年は1月は釣れへんとサボり、2月に復帰したがやはり釣れない。

まあ、想定内ではあるが。

 

で、あらためて思うのは、「この時期安定して釣ってるのは一部のスーパーアングラーのみ」ということ。

 

・川は水量が少なくて流れない。魚はいるんだろうが食ってこない。

・浜はベイトがいなくて魚がたぶんむっちゃ少ない。

 

この辺りを痛感している。

すると結論は、「2月は無理」ってこと。

まだその技術がないので、あまり無理するところではない。

 

これが1-2月の結論。

来年は、秋に超上手くなるようなことがなければお休みにします。

 

で、では3月以降どうするか?、ってことだが。

3ー5月もシーバスは混合バイトパターンにより、地獄が待っている…

 

そこで思い付いたのが、「チヌを中心に据える」という釣り。

チニンガーになるわけではないので、あまり気の進まない複雑なワームをやる気はない。

しかし、ボトムのバイブレーションゲームなら、実際しっかり釣れるらしく、シーバスの技術向上にもつながるわけやし、やってみる価値はありそう。

ホームリバーの河口なら、たくさんいるらしいしね。

 

次回、3/8頃の大潮で河口に行く予定。

 

 

 

【3ー5月方針】

・河口に行く

・混合ベイトシーバスでなく、ボトムチヌをメインとする

・タックルはシルベラードでボトム感度優先

・ルアーはバイブレーション、12-15-20gたちで、ボトム攻めの技術を磨く

・水温の低い3月なら、河口の上げもアリ(水温上がるし、そもそも上流の流れないから上げの方が動くことも)

 

なお、

 

・浜はベイト入った時だけにする、難すぎる…(6月のカタクチ祭りまだ休み)

・河川上流は流れのある時期にやるもの、冬は雨が少ないから無理

 

以上、冬の反省と春の方針でした。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20200223011339j:image