2020/2/15 釣行記 アフター狙いの開幕戦 水温計デビュー!

◼︎2/15  2150-2410  @中の浜北岸

◼︎小潮 満潮2432 上げ5-9分、流れほぼなし

◼︎曇り時々小雨、風ほぼなし、気圧急低下中 

◼︎ベイトはいない、バチなし、ボラジャンプぼちぼち

◼︎水温11.0度

◼︎ワンバイトで乗せ切れずバラし1

◼︎殉職者なし

 

5週間ぶりの釣り。

厳冬期は実力不足とみて自粛、アフターの情報が入ってきていて、気温も高くて釣れそうなので、潮は激ショボだが復帰戦。

着いて気づいたが、気圧も最高。

 

到着時、先行者は橋下のみで空いてる。

予定通り狭くなっているゾーンに流れを求めて開始するが、ある意味予想通り流れなし…

いきなり絶望的だが、本日は夜中に緩い下げがあるのみなので、リバーへの移動もできない。

ショボ潮でもここでやるしかない。

 

水温計デビュー。

水温11.0度、冷たいやん。。

いつもの岬町の情報では12.4度なので、やはり湾奥で冷たいんやろうな…

 

さて、今夜はアミパターンで上、だめならボトム攻撃のみを行うつもり。

まずはコスケ85で流れを探すが…ほんまに緩い。

流せないので、もう絨毯爆撃するしかない。

 

マニックフィッシュ88で水面と、ティップを下げて水面直下をマニックムーブ。

うむ、流れもないし反応なし。

(ただ、案外マニックフィッシュは流れの変化を感じるね)

とりあえず流れの変化を探して歩き回る。

 

が、200メートルくらい探ってもなさそうなので、ミニエントでのボトム攻撃に変更。

しかしミニエントでは底取れない。。

案外深いみたいで、重いの持ってこないとあかん。

まあどうせ8秒くらいで底だろうからと沈めてゆっくり巻く。

しかしボトムノックしない…ってことは、相当深いのか?

とか思いつつやってるが、あまりに釣れる気がしないため、雑なアプローチになってしまう。

上とボトム?で出なかったので、大きく移動。

 

北西面に来ると、何やら風が強まってきた。

場所なのか、タイミングなのか?

割と流れの筋もあっていい感じだが、ここは釣れた実績がない。

実際、今夜も20-30投してみたが反応がない。

で、ならばと帰ってみる。

今なら風があるかもって。

 

元の場所に帰ってきたら、まだ風が吹いてる。

少しだけ流れの筋もできてるやん。

これはチャンスタイムかも?

ってことで、マニックフィッシュを表層直下引きすると、まさかのバイト!

(まさかというのが悲しいが)

で、乗るには乗ったが、フッキングが決まってないのは明白。

どこでかますか〜とグダグダしてると、だいぶ手前まで寄せてしまってたら、スポンとルアーが宙を舞う…

貴重なワンバイトを逃す…実力不足。。。

 

ちょっと休ませてから再開するが、やはりダメ。

すでに風は止み元の鏡水面になってるもんね。

 

ここで2.5時間経過してたので納竿。

帰りにアングラーが2名やって来てたけど、下げを打つんか?

 

うーむ、本日は上に絞り気味でなんとかマグレでも出せたが、フッキングが下手でバラすという結果に。

とはいえ久々のバイトやし、来週の大潮三連戦は期待して臨もう。

 

 

◎本日の学び

・上で反応あり、アミパターン?

・フッキングはしっかり、ドラグに注意

・やはり小潮ではここはながれない

・ここは深い、バイトは手前のブレイクと思われる

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20200216113034j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20200216113040j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20200216164636p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200216164703p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200216164518p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20200216164513p:image