武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

2019/9/3 釣行記 淡路島で回遊待ちのショアジギング

◯9/3  0440-1000  @北の島、根元から南30mくらい

中潮、満潮0859、終始北向きダラダラ流れ、5-6時台は速い

◯晴れ、風ほぼなし、クソ暑い

◯気圧安定

◯ベイト大量、沖ではナブラ

◯釣果、夏タチウオ2

◯殉職者、パワーダートヘッド20gがタチウオカッター

 

事前情報では釣れてないが、沖でナブラという情報。

西と迷ったが、ベイトがいる方を優先、回遊待ちの長期戦覚悟の出撃。

まずめから満潮手前、満潮後の下げを撃つ。

 

まずはタチウオ。

まだ暗い0445くらいからスタート。

20gのパワーダートヘッドで探るが当たらない。

じゃあ今日も底かい?、ということで、ボトム探ってみるといきなりのタチウオカッターを食らう…

2個しかない、しかも20gは1個しかないのに…

仕方なく14gでやるが、25秒くらいかかる、着底まで。

で、底におるのはわかったので、明るくなりつつあるし浮いてくるやろうと思って、15秒くらいからしゃくってるとさっそくドン。

5時ジャスト。

しかし指3本弱、やはり小さい…

その後も10秒、7秒と浮き上がったくるのを確実に捉えて連発、当たる当たる。

しかし、1本釣って、1本バラしたところで、またもライントラブル…

スラック出し過ぎ?!

今までとそんなにやり方変えてないのに…やはりスプールに残ってる量が少ないから絡みやすいのか?

 

そんなトラブルもあり、ちょうど夜も明けてきたし、ショアジギタックルにチェンジ。

青物開始。

 

パンプキンから始め、セットアッパー、ジグと続けるが何もなし。

途中、0530-0630くらいはだいぶ潮が速かった。

40gのジグで25-30秒くらい。

6時くらいにMさんに37センチツバスがヒット。

少しずつ大きくなってるねぇ。

しかし、自分には何もなし…

 

すると0630くらいに目の前の200メートルくらい沖で大ナブラ発生!

しかし最も寄ってきたときでも130メートルくらい。

届かん…

ナブラは5分程度で消滅。

そこからは雰囲気皆無となり、いったん終了。

ベイトが手前を悠然と泳いでた…

 

0859の満潮前後は休憩、昼寝しようとしたが寝れず。

車で寝れる体制を整えるのも課題やな。。

 

0730-0830まで寝る予定が寝れずに0830復帰。

が、もはや気配はゼロ…

投げ放題だが、どこも同じ。。

 

ならば…一級ポイントの検証。

駆け上がりの始まりと終わりを発見すべく、波止を輪切りにしていく。

すると、同じジグで15-25秒の駆け上がりを発見!

以前からココとアソコがええと言われてたが、まさに駆け上がりの始まりと終わりやないか!

これはなかなかの発見。

今後長期戦はここで粘ろう。

 

で、10時になっても潮が反転せず、ダラダラと北向きに流れ続けるのためついにギブアップ。

5.5時間投げまくったが、ついに青物捕獲ならず。

 

次回リベンジするよ。

 

 

本日の反省。

 

・スラック作るとライントラブル連発してまうので対策必須
・潮の読みは無理なので、現場で潮を感じて、必要ならば潮を待つこと

・ガチタックルが手の内に入った

    →ショアガンxhで26gセットアッパー、パンプキン、40gジグなどの軽量ルアーも違和感なし
・駆け上がり発見!

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210210j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210153p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210229p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210223p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210133p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210214p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210142p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210203p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210248p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190903210239p:image