武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

2019/8/29 釣行記 淡路島青物、開幕3戦目にして今期初白星

◯8/29  0430-0700  @北の島、ええポイント

◯大潮、満潮0455、流れなしから北向きに緩い流れへ

◯曇り時々晴、5時台無風、6時頃から2-3メートルの南風、ローライト気味

◯先端でイワシ発見、悠然と泳ぐ…、ベイトっ気はあり

◯釣果、タチウオ3、シオ1  (Mさんはシオ2、タチウオ1)

◯殉職者なし

 

平日有給で淡路島青物狙い。

大物は厳しいだろうが、タチウオ、カマス、ハマチの三目狙い。

4-5時台に潮の反転がありそうで、ローライトかつ横風ながら風もあってラフな水面予報、いい予感。

事前に釣れてる情報もあり、勝てる気満々で0415着。

0430にポイントに行くと、先端の次の良いポイントが空いてますやん。

平日ってのもあるだろうし、まあ、まだそんな釣れてないということでもあるか。

 

まず暗いうちはタチウオ。

先端と手前の隣人はテンヤ?、なんせ餌。

Mさんはシンペンやら鉄板やら色々投げてる。

自分はしばしワインド。

上中下、レンジ変えつつ、一般的なワインドしゃくりをかますが、レスポンスなし。

いたらワインドに食うだろうし、おらんか?、と思ってると、先端が釣れてるではないか。

そして右隣も釣れだした。

タチウオはおる。

餌に分があるんだろうが、ルアーしかないからワインド頑張るしかない。

どうするか?…と考えたら、フォールに食うような気がしてきた。

 

引き続き20gのパワーダートヘッドのまま、表層からしゃくっていって、大きなしゃくり一発から2-3秒ステイしてフォール…をやってみる。

すると、数回目のファールで来ました、今期初タチウオくん。

これは狙い通りでなかなか気持ちが良い。

しかもパーフェクトフッキング。

パーフェクトすぎて針外すのに手間取り、少し時間が空いたが、同じように再びやってみたらまたドン!

相変わらず小さいが、再現できてなかなか気持ちが良いではないか。

Mさんにもフォールやでと伝えると、シンペンで見事に仕留めてらっしゃる。

同じタイミングで自分にも三本目。

 

この三本目からしばしあたりがなくなる。

そろそろ青物かー、と思ってたらMさんのラテオがかなり曲がってる。

俺と同じことをすべくジグパラスローでボトムをフォールで探ってたら、まさかのシオのダブルヒット!

 

これがワインド終了の合図。

ここからは青物開始。

5時過ぎかな?

 

ここからは予定通り、

・スメルト

・ザダックス

・ジグパラスロー

のローテで青物探し。

シオが少々おるのは間違いない。

あちこちで、1人1匹だが釣れてる。

なんとかならんもんかと色々やって、上の3つでは出ない。

気分転換にスライドスティック投入したら…まさかの数投でシオヒット、まあ、そういうもんか…

しかし、このタックルで25センチのシオは…

手前でグッと突っ込んでくるが…ロッド使わずバイオマスターのゴリ巻きで余裕。。

2匹もらってたので、こいつはリリース。

 

その後、波止根元の人がシオ中サイズを釣ったりしてたが、概ね釣れてない感じだったし、7時に納竿。

 

 

本日の気づき。

 

◯ここの良いポイントはなんとなく理解

◯波止先端は浅い、沖向きがやはり水深あって青物はこっちやな

◯スメルト、ザダックスの動かし方はだいたい理解。高速ジャカ巻きからのスローorフォールは効きそう。シオ中の人もそんな感じでやってた。

◯食い気ないタチウオにはフォールが効くのね

◯指3本弱のタチウオは食うとこない…(毎年思ってるが)

カマスは狙ってる暇がない

◯このタックルで40gをロッドに乗せる感覚は掴んだ

 

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190829140855j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190829140900j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190829152101p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190829152053p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190829152044p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190829152112p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190829152038p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190829152033p:image