【反省】シーバス/厳冬期ここまでの反省

5日釣行、もちろんボウズ。

2回×2日、バイトや水柱はあったけど。

 

なぜ釣れないかを考える。うまい人との差を探す。

 

ベンチマークするのは、

・田上氏のビデオ

・浜師匠

 

その差は…

 

◯釣行回数…雪だろうが爆風だろうが行ける時は必ず行ってる

◯足で探す…自分の探り方でいないと判断したら即ランガン、何箇所も行く

◯ポイント絞る…厳冬期は特に、「常夜灯×明暗」、「明確な流れの変化」など、絞って撃っている

◯ルアーローテ…探り方の引き出しがある、自分のパターンを持つ

◯ロスト恐れない…被害額、ノットの面倒さなどを恐れず、ボトムもキワも撃つ

 

要するに、

 

「寒くても風強くても行け。オープンではなくいる確率高いとこを絞ってランガンしまくれ。ルアーローテしっかりやってきっちり探れ。根掛かりなんか恐れるな。」

 

全てにおいて足りんな…

厳冬期のシーバスとは、ここまで過酷なのか…

まあ、とにかく行こう。

そしてせめてキャスト練習はして帰ろう。

 

これで釣れたらいつでも釣れる…よな?!

 

 

今夜も寒いねぇ…

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190127111307p:image