武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

2018年振り返り 「晩秋初冬の青物ゲーム」

振り返りラストは本業の青物ハンティング。

自己最高メジロは出たものの、釣果には苦労したピークシーズンやったな…

 

(晩秋〜冬)
●10/13  淡路島ゴロタ  朝まずめ青物狙いでボウズ

●10/14  佐野  短時間デイ青物狙いでボウズ

●10/21  淡路島ゴロタ  朝まずめ青物狙いでボウズ

●11/10  浅野・佐野  朝まずめ・デイで青物・シーバス狙いでボウズ

●11/23  鳴門ゴロタ  朝まずめ・デイでシーバス・青物狙いでボウズ

●11/24  鳴門ゴロタ  朝まずめ・デイシーバス・青物狙いでボウズ      ※サビキは対象外

●11/25  鳴門ゴロタ  朝まずめ・デイシーバス・青物狙いでボウズ

●11/27  武庫川一文字  朝まずめ・デイでタチウオ・青物狙い、タチウオ3

◎12/6  レジェンド突堤  朝まずめ青物狙いで、メジロ65センチ、ヒラメ45センチ

●12/9  レジェンド突堤・富島  朝まずめ・デイで青物狙いでボウズ

●12/20  鳥飼  朝まずめ青物狙いでボウズ

◯12/23  レジェンド突堤・イクハ  朝まずめ・デイ・夕まずめ・ナイトの4部練で青物狙い、ハマチ1

 

2勝10敗

 

自己ベストが出たという点では悪くないが、打率が低すぎた。今年の淡路島はかなり良かったのに…

 

たぶん、ポイント選びはだいぶ上手くなってるはず。

前日のタイドグラフや潮流確認、当日の実際の流れ確認、ベイトチェック。

ただし、ポイントの見切りが難しい。

朝まずめで入って、とりあえずそこで日の出は迎えるとして。青物の回遊はまずめ後もあるわけで、そのまま居座るか移動するかの判断が本当にむずい。

その後の潮の予測が良く、ベイトも確認されてるなら、粘るべきで。いずれもないなら、さっさと移動すべし。面倒でも。

淡路島でやる際は、ほんま上のようなことが大切。

北、東、北西、北中部とたくさんポイントあるから、事前に潮と釣果を調べてしっかり戦略を立てよう。あと、もう少し粘るべき。午前一杯くらいは。二箇所ランガン全体やね。

 

鳴門ゴロタはポイントがわからん…

もうちょっと長めにキャストして、3-4時間は続けようと、今年のベストシーズンには。

 

12月の淡路島はうまくハマった。

北西風シーバスと両にらみと言いつつ、ほぼ青物狙い。

潮通しの良いポイントで粘り、回遊してきたタイミングで仕留めることができた。ベイトは見えたり見えなかったりだったが。

潮通しの良いポイントで粘ることの大切さを痛感。

※青物狙うならむしろ吹きすぎは良くない、濁る。

 

北西風シーバスは、鳴門でタイミングがあった時だけにしよう。

わざわざ危険を冒してこのために遠路行くことはないな。

 

総括すると…

事前に潮の確認を行い、当日は朝まずめはやりきるとして、ベイトがいたら継続して粘る。

いなければさっさと移動。

この判断が超大切。

そして回遊魚、粘ってナンボ。

午前一杯は今年は帰りません。

(現実的にハイシーズンに移動してもポイント入らないし…)

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190106144048j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190106144056j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190106144052j:image