武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

12/23 釣行記 淡路島ファイナル

(午前の部)

◼︎12/23  0610-0740 @レジェンド突堤

◼︎大潮、満潮1051、あまり流れてない

◼︎曇、風ほぼなし

◼︎ベイトは見えずもいる

◼︎釣果、ボウズ、あたりなし

◼︎殉職者なし

 

レジェンド突堤へ、今日も先行者なし。

6時過ぎスタート、しばらく何も起きなかったが…

7時過ぎに右手でメジロクラスらしきがベイトを追い回している!

その時使ってたのはポップクイーンで、そのまま進行方向へキャスト。

ドンピシャ決まり、丁寧にポッピング…

無視!!

その後は何もなく、餌のおっさんらが狭いとこに3人も入ってきたし、雰囲気ないし撤退。

 

のちにわかるが、ベイトが小さかったのかなぁ、食わなかった原因…

 

 

(イクハの部)

◼︎0800-0840/1430-1515  @イクハ

◼︎満潮1227、干潮1840、午前は南へ緩い流れ、午後はフェンス裏で北へ速い流れ

◼︎午前は晴れ、午後は曇り

◼︎釣果なし、殉職者なし

 

続いてイクハ。

 

午前。

潮の流れが速いところで回遊待ち作戦。

しかし、あまりに海が平和だ…

すぐに撤収。

 

午後。

天気がどんより、雨も波も少々。

雰囲気は改善。

何よりよく流れてる。

ちなみに先端は流れなし、地形的な問題だろう。

先端手前の三角と丸テトラの間はそこそこ流れてた。

 

さて、フェンス裏にて。

引き続き飲ませ師いるが不発。

潮は効いてるので、セットアッパー、マグダーター、そしてブリットの練習したが、何もなし。

 

なお、これものちに聞いたことだが、朝イチはフェンス裏でボイルあったらしい。

しかし、その後に入った飲ませ師には15時まであたりなし…

朝イチオンリーか…

 

 

(夕まずめの部)

◼︎1610-1710  @レジェンド突堤

◼︎干潮1355、満潮1748

◼︎小雨、西風3メートルくらい

◼︎釣果、ハマチ45くらい、あたり2

◼︎殉職者なし

 

ラストは再びレジェンド突堤

水没しそうなのでウェーダー着て突撃。

やはり、先端は波が上がってくる。

そして少し海が荒れていて雰囲気向上。

 

足元の波に気をつけながらなキャスト開始。

レスポンダー 149、セットアッパー、ショアラインシャイナー140、パンプキン…

一軍がことごとくだめ…

 

ここで、もうブリ狙いは諦めてボウズ逃れへ。

ベイトサイズあってない気がするので、ここでようやくルアーを根本チェンジ。

 

セットアッパー小

ぶっ飛び君

パワーブレード

 

の順にサイズ落としていく。

すると、パワーブレードでコツン…

底ではないはずのレンジ、あたりか?

再びキャストすると、グンッ!

ようやくきました。

 

ちょい走りれたが、ドラグかなり固くしており、さらにラテオでどこまで強引ファイト出来るか試したかったので、

フックだけは不安あるものの、パワーファイトをしてみる。

右手から中央へと行こうとするのを、強引に引き剥がす。

するともう一気に浮いてくる。

ツバス、ハマチクラスの小さいやつ。

潮位も高いので一気に抜き上げ。

 

ようやくボウズ回避成功。

しかしパワーブレードかい!!

 

リリース後、だいぶ暗くなってたものの、ちょっとサイズ上げたりしてながら続けるも、あたりなくぼとなく終了。

 

イワシ抜けて、ベイトサイズが下がってんのか…?

しかしこれ、パワーブレードでブリ狙って奇跡的にかかっても、フックがねえ…

どうすんのが良かったのか…

 

まあそんな課題を残し、淡路島2018終了!

初夏ブリでまた会いましょう、淡路島くん。

 

今日は一日中やってハマチ1のみだが、最後は嬉しかったよ。

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100721j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100642p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100808p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100731p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100814p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100647p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100653p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100748p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100758p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100716p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100725p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100712p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100635p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100743p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100803p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100658p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100707p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100737p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100630p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224100753p:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20181224101050j:image