武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

12/9 釣行記 北西風パターン@北淡、パーフェクトボウズ!

(前半)

◼︎12/9  0630-0750  1010-1040  @レジェンド突堤と横のサーフ

◼︎中潮  満潮11時頃  流れ不明

◼︎曇り、北西風8メートル

◼︎ベイト目視はできずも、鳥が頻繁にダイブ、いるだろう

◼︎釣果、あたりなし、パーフェクトボウズ

◼︎殉職者なし

 

(後半)

◼︎0840-0940  @富島ケーソンとテトラ

◼︎気候条件は同じ

 

ついにきた、北淡北西風パターン。

事前予報は8-9メートル。

富島のテトラがベストとみたが、初心者で怖いのでこないだの突堤のサーフに。

シーバスが良いであろうタイミングで、鰤も狙う二兎追い戦略。

それ故、前回のポイントをチョイス。

今回はMさんとTも。

 

6時集合で下見すると、サーフは全然いけそう。

突堤も、5メートル下がれば波は被らない。

しかし、波はでかい。

そして潮位が低い。波止はやりにくい、これは。

 

東西サーフと突堤に分かれてスタート。

順次場所変えつつ。

 

まず、ポッパーズを投げるが、キャスト時の振り切り難易度はたいしたことないが、まあとはいっても飛ばん。

先端に立たないから、波止先端から30メートルも飛んでないのでは?!

さらにサーフィンしてしまう。

波が高い時にはポッパーが沈む…溺れる…

はい、交代。

 

続いてはレスポンダー149fとショアラインシャイナー140f。

彼ら、そこそこ飛ぶんだが、なんかキチンと泳いでない気がする。

これまた波に負けてるような…

次。

 

セットアッパー2フック仕様を試す。

泳いでるか…わからん、水面下が見えない。

通常の3フックに変えるもあたりなし。

むしろ根掛りが怖い、よく引っかかる。

 

ぶっ飛び君はこんな日も最高に飛ぶ。

しかし、荒波の中で見つけてもらえる気がしない…

 

他では鉄板も投げたが、なんとなく気分が違うのでこれもすぐやめ。

南北のサーフでもやったが、サーフは藻が絡みまくってストレス。

 

結局、1.5時間くらいで移動を決意。

さっさと青物を諦める… 

思えば、かなり濁ってるしな…

 

なお、Tに特大のヒットがあったがエイだった模様。

ラインブレイクでさようなら〜、確認できず。

 

※なお、富島の後にも再度いったが、長靴でやるというズボラをして浸水し、心折れて終了。

引き続き波高く、やりたかったトップゲームが成立せず。

この時にはしっかり潮位もあがり、風は弱まってたのでミノーは良かったけど。

 

 

後半は近場の富島へ。

少し風が収まることを期待したが、変わらず強風。

波止先端は波かぶりまくり危険で断念。

ワンド状の手前テトラでやるが、左手からの横風激しくルアーがコントロールできない。

ショアラインシャイナー145SLを流してみたりしたが、何も起きずさっさとケーソンへ。

 

ケーソンでは朝一サゴシが釣れたそうな、先行者情報。

しかし、もう明るいし沖に投げても何も起きる気がしない。

流れはかなり南向きにながれてるけど。

で、キワのサラシを狙うことに。

 

ここで学習ポイントを記す。

 

ショアラインシャイナー145SL、めっちゃいい。

そんなに飛ばないが、コンパクトにキャストすると綺麗な弾道で飛ぶ。気持ちいい。

あと、ローリングアクションが他のミノーにない感じ。ヌルヌル感というか。

あとは激シャローに良さげ、水面直下。

また使いたくなる。

 

一方で、真正面から風を受けつつ、キワを狙うキャストはむずい。

ルアーがキワに決まると、ラインがケーソンに絡む…

少し距離を置くと、キワを流せない…

これは磯やゴロタで起きそうな状況。

 

課題が残った。

 

 

…というわけで、以上北西風デビューの反省。

 

◯戦略について

これだけ吹けば濁りが出て青物には不利な状況だった。

それに気づかず二刀流を継続したのはイマイチ。

シーバスに専念する日だったな。

 

◯ポイントについて

レジェンドは、「藻がある時点でやめろ。そもそもサーフは難しい」だって、先言ってよ。。

突堤自体は一級ポイントなんだろうが、これだけ波かぶると流れないし、取れない。

そういう意味ではここじゃなかったんだろう。

青物をハナから狙わないってのもあれば、ここに来なかっただろうな…

 

◯風について

windyで8メートルの風はそない大したことないのと、サラシあんまできないことが発見。

(ただし、テトラは怖い)

 

◯ルアーについて

ぶっ飛び君はほんま飛ぶ、しかしあれた日にはアピール低すぎる?これはシンペン全てに言えるかも。

セットアッパー、レスポンダー、ショアラインシャイナーなどの飛ぶとされているミノーたちは40メートルくらいはキャスト決まればいける。決めれる確率を上げる練習が必要。

ショアラインシャイナー145SLは、タラシ短めのティップだけで投げらイメージでコンパクトに振り切ると飛ぶしええこいく。アクションもメジャーミノーズと違うので、スタメン確定。

 

 

クリスマスあたり荒れたら鳴門に行ってみたいね。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20181209195144j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181209195150j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181209195157p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181209195206p:image