武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

12/6 釣行記 淡路島西のメジロ&ヒラメ

◼︎12/6  0540-0740  @淡路島レジェンド突堤

◼︎大潮、満潮9時、7時頃まで流れほぼなし、7時から北向きそこそこ

◼︎曇り、ほぼ無風

◼︎ベイトは目視できず、ポッパーでも跳ねず

◼︎釣果、メジロ65センチ、ヒラメ45センチ

◼︎殉職者なし

 

※潮が想定と逆に流れてた、理由は不明

 

・ラテオ110mh

・ツインパワー xd5000xg

・よつあみ1.5号

・シーガープレミアムマックス22lb

メジロはポップクイーン

・ヒラメはセットアッパー

 

ついに、メジロ退治。

おまけにヒラメも。

 

今回は、インスタの投稿で釣れたそうな南側?と、潮通しがよい西側で迷った。

しかし、南は吹上浜くらいしかポイント知らず、遠いのに博打もねぇ…と思い。

一方、自分の「青物は潮通しよいポイントで回遊まって粘る」という仮説を、西側で確認したいと考えた。

たまたま、カンパリで西でメジロって情報も一件だけあり、まあ数は少ないが可能性はあると信じ、西側をチョイス。

ポイントはイクハと迷ったが、何かの縁、レジェンド突堤チョイス。

先行者いたらイクハへ、の予定で0320出発。

 

淡路島レジェンド突堤に、0510頃到着。

先行者なしなのでここでやることにする。

 

真っ暗なので水深チェックにワンカレント 。

よし、根掛かりリスクはなさそう。

 

メッシ様の教えの通り、朝まずめまではレスポンダー149f。

スロー、ストップアンドゴー、ジャーク…

何も起きず。

 

0620くらいにはうっすら明るくなってきたので、朝まずめ後半戦突入ということで、これまた指示通りにショアラインシャイナー140f。

同じようにアクションさせるも、反応なし。

 

ここまで約1時間。

うーむ、ベイトっ気もなく、海面も穏やか。

やはりここでないのか?

 

明るくなってきたのでベイトチェックも兼ねて、トップウォーターをやることにする。

パンプキンよりも上にあったポップクイーンをチョイス。

数投するが、ベイトがピチャピチャする感じはなし。

いよいよ移動するかなーと思いながらキャストしてダイブさせてると…

 

手前15メートルくらいでドカン!

掛けた瞬間、手前の沈みテトラが危ないので浮かせるべくフルパワーでポンピング。

ドラグも硬めだったので、やけに重いが勝負ありや…と思ったら。

右手に寄せてきたところから再度走り出しよる。

今度はラテオがのされる…

 

その後格闘約15分。

突堤の反対側まで走られ、ガリガリしたときは万事休すかと思ったが、ベイルフリーのハンドドラグで凌ぎつつ右往左往。

(たくさんYouTube見ててよかった…)

途中、ラテオでは取れないかとも観念しかけたが、最後はメジロが力尽き、右手に持ち込んでタモイン。

ニュータモの鱗付完了。

ようやく仕留めたメジロ65センチ。

 

締めた後、まだジアイかと思い、メッシ様の教えのゾンクではないが、同じくレンジ入るセットアッパーをセレクト。

3投目くらいで、ドン!

今度は構えてたからフッキングも完璧のはず。

もう走らせまいとゴリゴリポンピングすると、先ほどより遥かに軽い。

ハマチか?、と思ってると、なんとヒラメ!

想像してなかったが、たしかにここは釣れそうなポイントだったわ。

こいつは抜き上げ。

ソゲは何回かあるが、ヒラメサイズは初!

 

その後、0740くらいでもう満足感から終了。

潮目も消えて、海も平和モードのような気がしたので。

 

今回はメジロとのファイトに勝てたことと、何より自分で考え抜いて選んだポイントで釣れたことが嬉しかった。

 

冬が来そうだが、さあ、次回はどうしようか?

青物もう一回行くか?

北西風シーバスか?

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20181206163658j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181206163703j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181206163715p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181206163803p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181206163808j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181206163827j:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20181207115800p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181207115808p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181207115813p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20181220215942p:image