武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

武庫川一文字のブリパターン解析

「ベイトが減ってきたら、ノマセ有利が落ち着き、ルアーへの反応が復活する」を検証。

 

武庫川渡船のブログでは、「ベイトが減ったからジグに再び反応するかも」とある。

最近、ルアーの釣果も再び増えてるそう。

本日はメジロ

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20171210225016p:image

 

 

https://ameblo.jp/mukogawatosen/entry-12335257791.html

 

また、釣りのうまそうな人のブログにも、「これからは大物がかかるから、タックル強化」だって。

 

https://ameblo.jp/sada-bou/entry-12334985621.html

 

 

そこで、過去の武庫川一文字のパターンを解析。

 

(確認)

2015年ー秋は青物不調、年明けはメジロ一発のみ

2016年ー秋は青物好調、1/10くらいまでブリ

2017年ー秋は青物絶好調

 

で、問題は、現在はノマセ圧倒的有利なブリ族が、ルアーに再び反応するのかどうか?

 

今年度々、「もうルアーに反応しない、ノマセ有利」と11月くらいから聞いたが、確かに10/18あたりからノマセが圧倒的。

これは間違いなさそう。

 

※2017/10/18

f:id:mukogawaichimonjitaro:20171210222458p:image

 

そして、2016年の年末は、そんなにブリ族は釣れてないが、ノマセ有利は間違いなかったよう。

そんな中、2017年1月に、ジグでブリ、ハマチが出てる。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20171210223134p:image

 

 なるほど。

武庫川渡船のブログや、俺がタモ入れでブリをすくってやったおっさんの言うことは、確かに理にかなってる。

 

◼︎10月までルアーに反応

◼︎11月からノマセ有利、ルアーに反応しない

◼︎年末年始に再びルアーに反応

 

このパターンはありそうね。

 

では、年内諦めずに投げよう。

トップはもちろん、再びジグやビッグパッカーも投げるで。

 

 楽しみになってきた。