武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

再度、購入検討ロッドの目的を整理する

決まらん。

故に、再度考えよう。

「どこで?」「なんの魚を?」「いつ」「なんのルアーを?」を。

予算は最後でええ。

MAX3.5万のラブラックスではあるので。

 

◆「どこで?」

41% 武庫川一文字、神戸沖などの潮の弱い沖堤防

4% 垂水一文字などの激流沖堤防

15% 松帆などの深いゴロタ浜

5% 江崎などの浅いゴロタ浜

15% 佐野、生穂の深いテトラ

10% 育波、郡家などの浅いテトラ

4% 大里松原などの急深サーフ

2% 徳島の遠浅サーフ

2% 北泊

2% 和歌山の沖磯

 

使わない場所は垂水一文字、松帆、北泊、沖磯くらいか。

他はメインで使ったり、ショアジギメインのサブで使うこともある。

 

合計77%…やはりほとんどのところで使うロッドということになるなぁ。

 

 

◆「なんの魚を?」「いつ?」

(夏ー年末年始)

ハマチ、メジロ

サゴシ、サワラ

尺アジ、大サバ

ドラゴンタチウオ

(春ー初夏)

シーバス

 

圧倒的に狙いは年後半の青物。ブリは除く。

アジやらドラゴンやらは、まあたまーにスカイロードやめて使ってみるか?!、程度やろな。

それらだけを狙う釣りはしない。

シーバスは年前半の何も釣れない時にやるかもしれない。ムコイチとかのオープンウォーターならば、スカイロードより重いルアーを遠くに飛ばしたいね。ただ、これも頻度は、メバルやイカに飽きて、たまにはムコイチいくか〜、みたいな時だけやね。

 

 

◆「何のルアーを?」

メタルジグ各種、20-30g

メタルバイブ、30弱(バッグバッカー中心)

シンペン、30前後(アダージョ、ヨイチ)

トップウォーター、20-30g(ソルペン、ポップクイーン、ロックウォーク、ドラドペンシル)

ミノー、20g以上(セットアッパー、アイルマグネット)

 

ワインド、30g

ブレード、25-30g(PB、メタルマル)

ワーム類、20-30g

 

これは持ってるものから考える。

メタルジグは30gが圧倒的に多い。シンペンも然り。

ミノーは5-26gくらいまで幅広いが、スカイロードで投げられないものを想定。セットアッパーとアイルマグネットくらいか。

まあ、ラインナップを見ると、どう考えても30前後のルアーが一番投げやすい竿にすべきやな…

 

 

【総括】

以上を整理すると、主な使用シーンは、

 

◯30前後のルアーを使い、

◯長い竿に有利な足場の高いテトラやサーフで、

◯ハマチクラスを狙って、

◯パワー勝負で負けない、

 

という要素を満たせば良い。

つまり、逆に、

 

◉狙いものがでかいから感度は優先度下がる

◉40グラムがメインのショアジギM竿はNG

 

ということになる。

ラブラックスのAGSが消えた…

 

 

最終候補は、

◯ショアガンSFSGS-103MH

◯ラテオ106M

◯ルナミス1100M

◯ヤマガブランクス EARLY Plus 102MH Slugger 

 

 

ここまで絞れたぞ。