2019/11/2 釣行記 中潮下げ始め狙い…撃沈

◼︎11/2  2140-2410  @ホームリバー上流

◼︎中潮、2130頃、緩い流れから速まることなし、クリアウォーター

◼︎晴れ、北風1-2メートル、気圧低下気味

◼︎ベイトのイナッコが激減してる様子、ボイルなし

◼︎ボウズ、1バラし(たぶん背中スレ掛かり)

◼︎殉職者なし

 

※秋シーバス 19打数2安打1四球3鱸

 

どこ行くか迷ったが、「ホームを持て」という宮川師匠の教えと、濱本師匠の河口での攻め方を学んだので、懲りずにホームリバーへ。

近所川も考えたが、そっちはさらに流れなさそうやからやめといた。

 

翌日淡路島観光ゆえ、24時上がりの条件。

2130頃まで平らなタイドで、以降下げ。

小潮前の中潮なので下げもあまり強くない。

23時くらいから流れが速まり、そのタイミングがジアイやと期待して出撃。

 

あと、竿抜けポイントを攻めるという新作戦。

ディアルーナxr1006mlを久々登板させる。

サステイン4000xgとともに、ラインは0.8号で。

 

到着直後は予想通りユルユルの流れ。

釣れる気配ゼロ。

さらにクリアウォーター。

ここ1週間雨降ってないからなあ…

厳しいぞ、これは。。

 

開始直後は流れないしキャスト練習。

なかなかうまくいかなかったが、タラシを短くしたら飛距離が出る。

MAX28gの竿なので、25gのミノー投げるのこわいからペンデュラムキャストにしてたが…

全然バットに乗らんし、そもそもこの竿は28g MAXは絶対におかしいやんけ。。

シマノあるあるの、スペック以上のカチカチロッドってことね。

これからは35g MAXと考える。

最終的にはスタスイ125で70回転、70弱は飛んでるかな?

 

で、そんなキャスト練習をNODE150でやってたら、着水直後にヒット。

あまりに想定してなかったので、なぜラインが出続けるの?、、みたいな素人対応…

おかしいと思っいなおして遅まきながらあわせると、しっかり竿に重みが。

ただ、飛ばないし走り方も単に重いのでボラやと確信し、テキトーファイト。

足下でようやくライトを照らすとまさかのシーバス。。50弱くらいか?

今更真剣ファイトに切り替えるが、向きが悪くタモを出してる時にフックアウト、、無念すぎる…

情けない対応。。。

 

今回の掛かり方、もしかしたらキャストで背中を直撃したのかもしれない。

それか、普通に着水リアクションでバイトしてきたが、外れてスレ掛かりしたのか?

小さなウロコが付いてたので、頬のやつかなぁ?

だとしたらせっかくのバイトを…

 

その後は異常なし!

23時になってからも、流れは一向に速まらない。

ダラダラと緩く流れてるだけ。

24時くらいまでキャスト練習を兼ねて粘るものの、一向に気配はなく。

24時過ぎに納竿。

 

本日はスレ掛かりというプチイベントはあったが、あえなく今日も三振でした。

 

 

●本日の学び

・流れがないと無理、活性低すぎ

・水温が一気に下がったからか、ベイトも魚も抜けた気がする

・満潮後はレンジ絞りにくい、やはり干潮間際の水位低い方が狙いやすいのか?!

・秋爆シーズンでも小潮のタイミングはみんな厳しいみたい「流れない」発言多数

・ディアルーナxr1006mlは硬い、28g MAXは嘘であり、スタスイ125程度なら50センチくらいのタラシで投げなあかん

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191104082310p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191104082305p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191104082259p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191104082342p:image

 

2019/10/29 釣行記 懲りずに再現狙ってまたボウズ…

◼︎10/29  2200-2400  @ホームリバー上流

◼︎大潮1919-干潮0150  流れそこそこだが意外に弱い

◼︎晴れ、北西風1-2メートル、午前合計10ミリ程度の雨後、気圧上昇中

◼︎ベイトは見えない、ボラ多め、ボイルなし

◼︎ボウズ、あたりらしき2回

◼︎殉職者なし

 

※秋シーバス 18打数2安打1四球3鱸  .111

 

「釣れなかったのは水位」の検証に、気合の平日釣行。

覚悟の寝不足。

 

22時に現地入りすると、流れはまあまあ。

これからもっと速くなる?

濁りもしっかりだが、やや緑色に変色してる気がする、茶色系から。

 

迷わずポイントに入り、スタスイを連投。

うむ、反応なし。

もしかしたら上かもと思い、コモモも投げるが異常なし。

 

この時2220くらいで、まだまだ水位は高い。

下がるまでしばらく暇になるので、偵察を兼ねて下流へ大移動。

ちなみにこの間アングラーはわずか2名…やっぱ釣れてへんのか?!

 

で、20分くらいかけて河口まで歩くが、橋下は先行車あり。

仕方ないので上流に戻りながら打つことに。

途中、明るいポイントでは非常にドリフトがやりやすい。

スタスイドリフトのええ練習になる。

しかし反応はない…

 

すると一瞬、風が強まり流れも強まった瞬間が来る。

なんか雰囲気ええし、これはチャンスか?、とスタスイをしつこく投げると、あたり発生。

やはり今か?!、ということで続けて投げるも…反応は得られず。

勘違いか…?

 

時間はもう23時過ぎ。

そろそろ水位下がってるだろうということで、本命ポイントに戻る、また20分歩く。。

 

本命ポイントに戻ると、浅い!!

これはもらった…とは思わんものの、もしかしたらと期待してスタスイ。

125だと少しスローに巻いただけでボトムに触る。

スタスイ100やコモモで上から中層を引いて、最後はヤケクソのロリベ速巻きボトム攻撃も、ついにバイトは得られず。

24時になったので無念の納竿。。

 

やっぱ甘くないねで、シーバスは。

 

 

 

●本日の学び

・70アップ極太の再現なんて甘くない

・おそらくもう魚が抜けてる、2日目でダメな時点で見切るべし

・なので水位の検証とは言えない

・40センチの時はほんとに浅い、スタスイで底に当たる、ロリベは超速巻きやないと苦しい

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191030235345p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191030235339p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191030235333p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191030235351p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191030235328p:image

 

 

 

 

 

2019/10/27 釣行記 秋爆再現狙い…完敗

◼︎10/27  2020-2200  @ホームリバー上流

◼︎新月大潮、満潮1818-干潮0034  前日同様流れはしっかり

◼︎晴れ、北風3メートル、気圧上昇中

◼︎ベイトは見えず、ボイルは最後に2回のみ

◼︎ボウズ、あたり3回乗らず

◼︎殉職者なし

 

※秋シーバス 17打数2安打1四球3鱸 .117

 

 

昨日の再現を狙って同じ場所へ。

ただし、日曜ゆえ早めの参戦で、どう変わるか?!

 

2015に現地に着くと、昨日と同じ感じで水位だけが高い。

濁りと流れは似た感じで、風がややある程度。

 

先発は当然スタスイ125。

同じ場所でスローにミディアムに流してみる。

が、バイトなし。

続いてレスポンダー149、これで釣りたい。

同じようにやってみるが、1回当たりあったが乗らず…

 

ルアーがでかいか?

 

ということで、スタスイ100に。

今日は新型のARCで来てるからなかなか飛ぶ。

バイトらしき1回あるもダメ。

ならばとロリベでボトム攻撃。

これまた1回あたりらしきがあるがアカン…

 

うーむ。

昨日のようにボイルもないし、一転静な海。

違いとして考えられる水位が高いのが原因か?

 

しばし場を休めて、コモモ125fで勝負。

これは反応なし。

この時22時前、ラスト勝負はサスケレッパ。

一気にレンジを下げて流してみる

コンコンとボトムに当たるほどの低いレンジを試して、ボトムに貼り付いてる奴を狙うが…

やはり異常なし。

 

ここでタイムアップ。

無念の再現失敗。

 

ということで、納竿してトボトボ帰り道、まさかのボイル一発!

そしてさらに歩いてるとまた一発!!

今度は岸際で近い。

おいおい…もしかしてこれからジアイですか?!

 

後ろ髪引かれる思いだったが、明日の月曜に向け決意して撤退。

無念や…悔しい……

 

 

●本日の学び

・簡単に鱸が再現できるほど、シーバスは甘くねぇ!!

・水位の問題か?帰りにボイルしてたのがジアイスタートの合図である可能性は残る

・逆風ではあったが、コモモ、レッパ、スタスイ小も投げ方工夫したらそこそこ飛ぶし使える

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191028232253p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191028232259p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191028232313p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191028232304p:image

 

 

 

新規加入選手 スタスイ、コモモ、パラガス選手

コモモは安かったから、でも期待してる。

スタスイはもう買い続けます。

リバーはスタスイ!

パラガスは、忌まわしきサヨリリベンジのため…

静ヘッドは、イナッコボイルで実は活躍するんちゃうか?ってことで。

 

◯コモモ125f

◯スタッガリングスイマー100

◯スタッガリングスイマー125

◯パラガス

◯静ヘッド10g

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191028225053j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191028225105p:image

2019/10/26 釣行記 70up含む極太鱸2本! 秋爆の恩恵!

◼︎10/26  2140-2400  @ホームリバー上流

◼︎中潮、干潮2357、流れかなり強い、濁り強い(45°に投げてスタスイ125をスロー巻きしたら自分より下流に行ってしまうほど)

◼︎曇り時々小雨、北風1メートル程度、気圧安定

◼︎ベイトは見えないがボイル音たまに

◼︎67と73  他に乗り切らずバレ1、バラシ1(ボラ濃厚)

◼︎殉職者なし

 

※秋シーバス 16打数2安打1四球3鱸 .125

 

 

ついにやったぜ、リバードリフトで70up!!

狙った釣り方で、ルアーで、ポイントで、自己記録更新で、さらに再現までできて自分史上最高の釣りになった。

 

 

昨夜はイナッコボイル祭りに興奮したものの、「これは釣れない」と意思決定して秋爆会場を探す作戦に変更。

拘らない。

 

選んだのはホームリバー。

秋爆がありそうやし、2130頃のスタート時には流れが効いてるはず。

そして24時くらいまで流れるはず。

ダメならその後に浜にでも…という感じで。

 

到着すると流れはきつい。

ただし、近所リバーのようなボイルはない。

とりあえず今日はマイポイントから上流に歩くつもりなのでマイポイントへ。

しかしそこには先行者

 

仕方なく彼を通り越してマイポイントの下流側からスタート。

先行者は撃っては上流へ進んでるようで、すぐに行ってしまった。

さあ、好きにやれる、スレてるかもしらんけど。

 

最初はコモモ125を流すが、かなり流れが速い。

もしかしたら泳いでないかもしれない。

 

そこで、流されるのは得意なスタスイ125にチェンジ。

護岸沿いに30°、45°へ撃ち込んで流す作戦に。

すると、案外沖の方でボイル?

なので、どちらかというと45°をメインに飛ばす。

70回転飛んでるから、45メートル沖に飛んでる計算になる。

 

で、そこを流してると、ガガン!!っといきなりバイト!

かなり引く!(後にスレと判明)

が、モアザンやはり相当パワフルで、のされるようなことはない。

(ラインが傷んでて切れないか心配でゴリファイトはできなかったが、竿は強い)

しっかりやりとりして、ややモタついたものの、頭を上流側にして無事にネットイン!

 

測ってみると67ほど。

久々のシーバスはいきなりの自己記録更新!

しかし、残念ながらスレがかり。

(一回軽くなった瞬間があったから、口は外れたのか?…とか、好意的に予測してみたり。。)

まあでも、狙った釣り方で釣れてるからスレでも嬉しい。

先行者が出せないポイントで出せるってのもいいねぇ。

狙った通りやし、シーバス自己記録も更新できて嬉しい!

 

で、ここで再現できてこそ本物ということで、スタスイのフックが2本伸ばされたため、色違いのスタスイで再開。

あたるあたる!

そして10投目くらいだろうか、再びドン!

今度は口に掛かったようでエラ洗いを3回ほど。

しかし、さっきのスレでもライン大丈夫だったので、今回はラインシステムは信じてモアザンでパワーファイト。

一気に寄せてあっさりネットイン。

 

測ってみると73!

自己記録をすぐに更新!

しかもこれ、バッチリ口に掛かっており、さっきの消化不良を流してくれる会心の一本となった。

 

リリース後、スタスイばかりでは面白くないのでレスポンダー149を投入。

同じくドリフトさせると何回もあたりはある。

乗らないのはサイズがデカすぎるか?、と思ってスタスイ100に変更すると、今度は飛距離が届かないのか、バイトすら出ない。

そこで、再びレスポンダー149の色違いに替えてみると、クロスキャストからのU字ターンポイントでドン!

しかしこれは乗せ切れず外れてしまう。

 

その後、反応がなくなったためスタスイ125に戻したり、場所を変えたりするも、流れが徐々に弱くなってきて、あたりはちょくちょくあるけど乗らない。

最後に何かが掛かって足元でバレたが、セイゴクラスかもしれないがおそらくボラやん。

 

いよいよ流れが弱くなっなきたし、今夜はここで終了。

全てが狙い通りの、最高の釣りだった。

 

 

●本日の学び

・やはり流れが強い時はドリフト。ハマるルアーはおそらく、ミノーよりシンペン。というかスタスイ!

・流れが弱くなるとバイトも弱くなる、これは見切りのタイミング

・干潮時間になるとスタスイ125は底を少し擦る(50センチくらい)

・でかいルアーにはやはりデカイ魚が来る

・濁りはよかった?

・スタスイ125はぶっ飛ぶ。レスポンダー149よりも飛んでた。

 

そして何より、

 

・作戦が成功したのが再現性の根拠

【作戦】

→ポイント選びはイナッコボイル捨てて秋爆可能性高いところをチョイス

→上流選んだのは、過去に釣れた実績と近所リバーでかなり奥までシーバス入ってるのを見たから、河口でなくても自信を持てた。流れの読みも経験でバッチリはまる。

→ポイントは過去の調査から瀬があることを知っていた、実績もあった、だからこのポイントで粘れた

→流れが強い時はミノーよりもシンペンの方がいい動きすると経験上思った

→スタスイでのドリフトの感じは練習で理解していた

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191027023525j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191027023607j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191027023556j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191027023600j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191027023603j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191027024403p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191101001837j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191027024407p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191027024359p:image

 

 

 

 

 

2019/10/25 釣行記 イナッコボイル三度目の正直…ならず

◼︎10/25  2240-0120  @ご近所リバー手前

◼︎中潮、満潮1719 干潮2324、流れしっかり、濁りきつい

◼︎晴れ、しっかりの雨後、北風1メートル程度、気圧上昇中

◼︎史上最高のイナッコのボイル祭り、30秒ごとにドカン、追ってプチナブラも

◼︎ボウズ、あたり2回?

◼︎殉職者なし

 

※秋シーバス 15打数1安打1四球 .067

 

接待で酒飲まず、チャリで気合の出撃。

2324干潮ゆえ、1時くらいまでできるやろと算段。

前回、食わせられわかったボイルを今度こそ。

今日はルアーたくさん持っきたよ。

 

上流からポイントに向かってると、いつもの明暗のない橋から南側に2人。

おや?、と思いつつスルー。

明暗の橋は先行者グループがおりここもスルーして、隣の川へ。

こっちは明暗橋の下が誰もいない!

というわけで、その上流側に陣取る。

 

しかし、手前の川はイナッコみかけたが、こっちはまるでいない…

雨で抜けたか?

20分くらいは粘って明暗やキワを撃つも、何もなし。

先週はこっちの川の方が良いと言われてたのに、状況が逆転した模様ですな。

これはいかんと直ぐ移動を決意。

 

続いては手前の川の合流地点。

すると手前の川はかなりボイルしてるではないか。

先行者もいるので距離を取り、すると上流から流すことはできないが、クロス、ダウンには撃てる。

ということで、ここから投げ倒す。

 

・大…レスポンダー、コモモ、コモモカウンター、バーティス 140、スタスイ、マニック135

・中…エリテン、サスケ、vj-16、バーティス97

・小…ロリベ、レンジバイブ 

 

こいつらを可能な限り角度を変えつつ、スロー、ナチュラル、速巻きで変化をつけ、レンジを変え。

流れに乗せてドリフトしたり。

 

一度、たしかコモモにあたりらしきがあったが、投げても投げても食ってこない。

スレで引っ掛けたイナッコは130くらいで、大ルアーズとはマッチしてるんだがなぁ…

ちなみに周りも全然ダメ。

 

1時前に断念。

帰り際におじさんに声をかけられ、情報をいただく。

 

・おじさんは50を一本、橋下の暗闇でキワでパンチライン

・おじさんはいつもパンチラインのみで、頻繁に通って結構釣ってる

・ただし、本日も5時間やって1本、いつもかなり長時間やってる様子

・21時前とかは、上流でボイル多発で、先行者は5本くらい釣ってたそう

 

なるほど。

イナッコボイルは誰がやっても食わないのね。

 

おじさんに上流まだいけるんちゃうかと言われたので、帰り際に明暗なし橋下の手前へ。

たしかにボイルしとる。

しかし、ここでも30分くらいか、いろいろ投げたけど食わせられない…

やはりイナッコボイル難しいわ。

 

なんか妙に納得したので、ここで納竿。

秋シーバスのええ時期に、釣れないイナッコボイルにこだわったらあかんな。。

 

 

●本日の学び

・イナッコボイルは無理!(少なくとも攻略法を持ち合わせてない)

・ボイル撃ちはスローに見せろというが、キワみたいなトレースコースが絞れてる時はいいのかも。逆にオープンでは極めて難しい、魚が動いてるから

・秋爆はイナッコボイルよりイージーなやつを探すべし

 

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191026115656j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191026135533j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191026135538p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20191027011715j:image

2019/10/22 釣行記 イナッコボイルに再び挑む…完敗

◼︎10/22  2100-2200  @ご近所リバー

◼︎小潮、満潮1604、流れ超弱い分速1メートル級、雨後期待も増水なし(多少のまとまった雨では増水せん)

◼︎晴れ、風なし、気圧上昇中

◼︎ベイトは大量のイナッコ、東リバーでボイルボコボコ

◼︎パーフェクトボウズ

◼︎殉職者なし

 

※秋シーバス 14打数1安打1四球 .071

 

一昨日のボイルに会いに再び近所リバーへ。

潮は悪いし風もないが、増水してないかという期待と、その雨でイナッコは抜けてないかという確認のために出撃。

 

いつもの川の明暗なし橋は、本日はイナッコいない!

抜けたか!?

それより何より、風なし流れなしの地獄モード…

こりゃやばい。。

 

しかし次の明暗橋ではばっちりおるやん!

そしてボコボコボイル!!

先行者もおらず投げ放題だったが、予定していたルアーたちを角度変え、スピード変えて巻いてみるが何も起きない…

ここで、下流側にいたおじさんに譲って南側へ。

 

すると、その道すがらで若者がシーバスを撮影している!

この状況でも釣れる人は釣れるのね…

 

で、一昨日のフィーバーポイントにつくと、ボイルはない。

イナッコはたくさんいるが、シーバスボイルはないんだなぁ。

ここでも一応同じように手を変え品を変えてやるが、反応は得られず。

 

本日は状況が悪そうなのでここで撤退を決意。

 

さっきの橋の上流側にはいったおじさん2名もあかんみたいね。

 

 

●本日の学び

・まだイナッコはおる

・しかし流れ弱すぎるのかボイル激減、橋下のみ

・橋下明暗はマジで食わん、スレ激しいのか…

・レスポンダー149はめっちゃ飛ぶ、コモモカウンター125はその60%くらい…

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20191023224644j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191023224638p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191023224633p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20191023224627p:image