武庫川一文字太郎の釣行記 ショアジギ、シーバス

(自分メモ)シーバス、青物のみ狙う!

2019/7/6 釣行記 (後半戦)大河川河口で爆風逆風シーバス探し

◼︎7/6  0930-1100  @大河川河口テトラ

◼︎中潮、0847満潮、流れは下流へ徐々に強まっいく感じ

◼︎曇り、北東風7-8メートル、モロに向かい風

◼︎ベイトは見えず

◼︎釣果、ボウズ、あたりは3-4回あり

◼︎殉職者なし

 

浜はどうしようもなさそうなので、風表の河口部へ。

下げなので流れもあるだろう。

最近来てなかったが、どうなってるのか?

 

新規開拓ポイント。

河口部テトラ帯。

だーれもいない。

それもそのはず、爆風の向かい風、普通の人はやらないコンディション。

それか、釣れてないから…?

しかしまあ、ベイトが寄せられてるかもとポジティブに考える。

ボラのジャンプはチラホラ。

濁りは浜よりよほどあるが、それでもクリア気味な気がする。

 

軽いルアーでは飛ばないから、20gのサルベージソリッド中心。

底は爆風で取れない、26g投げてもわからん。

もう上に賭けるしかない。

ひたすら早巻き。

 

サルベージソリッド70.85、レンジバイブ80、vj-22、冷音13g…

カウントはマックス10秒までやるが、ほとんどは上。

向きは上流、正面、下流、いろいろ試した。

 

結果、2回ほどまあまあのあたりはあったが乗らない。

コツコツボラヒットとも違うので、何かしらの魚が食うてきたのかと。

どのルアーがいいとかではなさそう。

リアクションかな?!

 

まあボウズではあるが、開拓もできたしよしとしよう。

 

浜はきつくなってきたのか?

こういう水深のありそうなところへ徐々に移行してくのかねぇ。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190706163110j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190706163113p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190706163119p:image

 

 

 

2019/7/6 釣行記 (前半戦)北風後の浜を観察

◼︎7/6  0610-0820  @東の浜北岸

◼︎中潮、満潮0847  潮はほぼ動かず

◼︎曇り、北東風3-4メートル

◼︎ベイトはカタクチ極小がいるっぽい(アジサシ多数)

◼︎釣果、パーフェクトボウズ

◼︎殉職者なし

 

今週は水曜以降は意外に雨は降らず、金曜は北東風爆風ゆえ、クリアウォーターの厳しい状況を予測して参戦。

そして、予想通り…どクリアウォーター。

アジサシが多数でダイブしてるが、ボラの気配さえなし。

ローライトは良いが、引き続き北東風強く、ルアーは飛ぶけど、潮目もない…

 

厳しい状況でやったことは、

 

・バイブレーション

・vj-16

・鉄板

 

こいつらを、レンジ、スピードを変えて投げ倒すこと。

バイブレーションはサイズも変えつつ。

 

しかし、予想通りアタリも何もなし。

極小ハゼと極小カタクチがスレがかって、ベイトがおるにはおることがわかったが、シーバスが好んで食うサイズではないんやろな。

 

8時前からボラジャンプ開始で雰囲気変わるかと思ったが、シーバスは不在のようで、0820くらいに撤収。

 

まあ、一つデータが手に入ってよかったとしよう。

 

 

なお、モアザン93mlにサステイン4000はバランス悪いわ…

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190706085944j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190706085947j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190706085950j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190706090002p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190706090006p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190706090010p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190706090036p:image

2016/6/30 釣行記 ハマチへのリベンジのつもりが…

◼︎6/30  0620-0840  @東の浜北岸

◼︎中潮、満潮0440、流れ不明

◼︎曇り時々雨、南西風4-7メートル

◼︎ベイトは見えず、ボラジャンプ祭り

◼︎釣果、ツバス1、掛けバラし1、あたり多数

◼︎殉職者なし

 

雨がうざい雷怖いで中止のつもりが、目が覚めてしまったので結局行くことに。

幸い、雷雲は遥か南、風はあるが出発時は雨降ってないし、降ったり止んだらな感じなのでGo。

 

やりたいことは、昨日の検証。

昨日はツバスボイルを掛けれなかったが、小物は無視してデカイのを狙うつもりで。

電撃アワセではなく早巻きのリアクションバイトを取らないかイメージ…

 

だったが…

 

到着時、風はなかなか強いが、雨も降ってなくていい感じ。(結局雨はたまに一瞬強く降るが問題なし)

ただ、濁りがさらに酷くなってる。

こんだけ強い風が続けばそうなるわな。

で、ツバス君のボイルは今日も元気にたくさん。

 

スタートはレンジバイブ80から。

その後、サルベージソリッド、サルベージの70-85を投げ倒す。

より表層狙いでレンジバイブ70も。

すると、本日もコツコツはあるが、乗らない。

一回、深いバイトがあってかかり掛けたが、ここも乗らず。

昨日と同じ展開…

 

で、vj-22に変えてみたら、また2投目でヒット!

安定のツバス君。

 

しかしここで考えた。

表層であれだけ投げても食わないのに、vj-22に変えたら昨日同様早速ヒット。

もしかしてレンジ少し下?

表層でボイルしてるやつやないの?

そういや、昨日針を伸ばされたレンジバイブ80も、あれも早巻きしてるけど結構レンジ入ってるよな?

 

…あれ?

もしかして、飛んでるのってボラで、下にシーバスとかいるパターン?

 

と疑い出し、ビデオ撮影して検証。

まさかの…ボラヤンケ!!

 

昨日から散々、たぶん4時間くらい投げ倒してたツバスらしきは、どうやらほとんどがボラや!!

(多少はツバスとシーバスもおるだろうが)

どおりで食わんわけや。

ブリ族がこんな活性高けりゃ、絶対食うもんな。。

 

しかし、こんなスピーディなボラジャンプは見たことないぞ。

が、俺の知ってるボラが、武庫川で「ぽっちゃーーーん」なやつなだけで、今日みたいに(たぶん)ベイトが入ってて、

もしかしたら沖から入ってきたボラはフィッシュイーターもどきなの!?

まさかあのコツコツアタリは、こいつらがおちょぼ口で突いてるのか!?

 

…そうかもしれない。

と、頭の整理をして、妙に納得。

 

さすれば、レンジを下げるまで。

サルベージソリッド85やレンジバイブ80で下を探るが反応なし。

つまり、こんだけ表層が盛り上がってても、シーバスは多くはないわけな。。

 

というわけで、事故的に釣れたツバスだけで本日はおしまい。

釣果はショボイが、答えが一つわかった気がして、妙に満足感のある釣行だったな。

 

※前記事に書いた通り

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190630223627j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190630223936p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190630224159p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190630223715p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190630223720p:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190630224205p:image

 

 

【学び】6/29の釣りを振り返って訂正 ボイルの正体は「ハマチ族→ボラ」

6/30にも同じように行ってわかったことがあるので、訂正して学びをメモ。

 

あのボコボコボイルはほとんどボラ…

無論、シーバスやツバスも一部はいるだろうが、ほぼボラと見て間違いないだろう…という結論に達した。

 

ハマチ系なら、

 

・2日続けてあれだけ投げて食わなかった

・レンジ下げたらツバスが食ってくる

 

の説明がつかん。

活性の高いブリ族が何やっても食わんなんてありえんやろう。

つまり、ジャンプしてたのはボラで、その下にツバスサイズだけがおった、ということ。

 

しかし、武庫川とかでいつも見てた、「ぽっちゃーーーん」なボラではなく、「バシュッ」と飛ぶボラたち。

なんでこんな活性が高いのか?

 

おそらく…

数日続いた南西風にベイトが寄せられて、フィッシュイーターモードになったか?

わからんけど、あんな果敢なボラは初めて見るわ。

 

表層にバイブを早巻きして乗らなかったのは、ボラにぶつかってるだけやから。

レンジバイブ80にデカイのがかかったのは、早巻きしても重いからレンジ入ってたんやろう…

意図せず…

vj-22でツバス掛けたのも同様の理由。

日曜もおなじやし。

 

深いわ、ボラ…

という学び。

これで1つ賢くなった。

 

 

なお、もし日曜の朝に戻ってやるならば、以下のような感じでやりたいなあ。

 

 

=========================

・ボラが活性高いのでベイトはいるだろう

・そりゃあシーバスもいるだろう

・上はボラが占拠してるので、シーバスは下にいるだろう

→狙いのレンジは表層下50センチ以下

 


・デイなのでリアクションバイト狙いの早巻き

・またはナチュラルなワーム系、vj

 


・50センチ以下狙いなので、バイブは重め

→レンジバイブ80、サルベージソリッド70/85


・バイブはティップ下げて、高速巻き

→巻き合わせは期待せず、引ったくりバイト待ち

→サルベージソリッド70はやや上、レンジバイブがその下、サルベージソリッド85が一番下のイメージ


・ダメならvj-22をミディアムからファストリトリーブ


・最後は念のためミノー

→9-12センチクラスのシンキング

※ここはよくわからない

 

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190630165517p:image

 

 

 

 

 

 

 

2019/6/29 釣行記 シーバスツバスボイル大会で五目達成

◼︎6/29  0520-1050  @東の浜北岸

◼︎中潮、満潮0405、東西の流れはほぼなし

◼︎曇り時々晴れ、無風から南東風が徐々に強まる

◼︎濁りきつくベイトは見えないが、ボイル祭り、ボラ、シーバス、多いのはツバス(ハマチクラスいる)

◼︎釣果

チーバス1、ツバス3(スレ2)、チヌ1(スレ)

ボラスレ1、エイ1…

ショートバイトは無限、掛けバラし3、合わせ切れ1

◼︎殉職者、サルベージソリッド70、メタルスカウト14g

 

暑くなって濁りがきつくなってきたが、週末の雨で水温下がって濁りもマシになって、曇りで活性も高いのでは?、と期待。

金曜に南西風も吹いててベイトも寄せられてるのでは?

 

到着後海を見ると、ボラジャンプ多数。

濁りも入ってて、なかなか良さそう。

風はなく、相変わらず潮は動いてないけど。。

 

先発はサルベージソリッド。

先日のシーバス再現狙うと、いきなりヒット!

めっちゃ引くが、、、おかしい…やはり、ボラスレ。。

50オーバーで尻尾にかかってよく引くわ…という感じでスタート。

 

その後、サルベージやレンジバイブをローテしつつもコツコツあたるが乗らず、サイズダウンのためにアーマードバイブ55に。

すると早速ヒット、しかしミニツバスのスレ…

なかなかスカッとしない展開。

途中、サルベージで掛けバラしもあり。。

 

で、ふと海をよく見ると、ボラと思ってたジャンプがツバス・ハマチ小のジャンプに変わってるではないか!

青物なので、バイブやミノーの早巻き、ジグ、マニックフィッシュのドッグウォークをかますが、…食わん。

ほんまに何やっても食わん。

(結局これ、最後まで食わなかった。)

ならば、リアクションではなくナチュラル系か?

ってことで、vj-22を投げたら、まさかの一発!

しかし、メザシーバス。。

なんでハマチやないの?!

その後はvjでも乗らない、あたるんやけど。

 

んで、ここからはずっと同じ展開。

目の前でツバスハマチとシーバスとボラとナルトビさんのボイル祭り。

レンジバイブ70.80、サルベージ・サルベージソリッド70、ワーム、vj、鉄板を投げ倒すが、

コツコツショートバイトばっかで乗らん。

たまに巻き合わせで乗るが、そっちはバレる…

 

・コツコツ→たぶんチーバスとツバスとボラで、竿が硬くて乗らない

・たまに掛かる→デカイから乗るんだが、竿が硬く下手なのでバラす

 

という展開。

ムキになって、コツコツに電撃合わせ練習をして、なんとかツバス一匹…まあ、これはこれで嬉しいけど。

しかしあとは巻き合わせ気味でたまに乗るがバラしまくるし、合わせ切れはするわ、強引ファイトで針伸ばされるわ…で悲惨。

自らの下手さを痛感する次第。

 

結局、まずまずの釣果なんだが、こんなチャンス日に貧果で、悔しさばかりが残る1日だった。

5時間も投げ倒して、リール回す人差し指がマメ状態になるし。。

 

しかしなんで、ハマチさんは食ってこなかったのかなぁ…

食ってきたのはすべてツバス小。

ハマチ族はノマセのアジしか食わなくなったり、ほんま謎や…

 

 

(反省)

サーフでオカッパリやるなら、当然ロングロッドになる。

ロングロッドはある程度以上硬い。

飛ばすために投げるルアーは概ね20gオーバーとなる。

てことは、そもそもチビは相手しないタックルにするべき。

そう、チビのコツコツは悠然と無視すべき。

※チビを取りたいならメバル強ロッド(ブルカレ最強のやつ)とかアーリー95MLくらいのやつにすべき。

 

→ラインを0.8から1.0に上がる

→ルアーは70ミリ以上のバイブ、90ミリ以上のミノー・シンペン、鉄板は18gオーバー

 

心持ちと、タックルバランスを考え直そう。

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190629215940j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190629215929j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190629215936j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190629215910j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190629215919j:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190629215915p:image
f:id:mukogawaichimonjitaro:20190629215923p:image

 

新規加入選手 レンジバイブ100es

シーバス狙いではなく、ムコイチや淡路島のボトム青物用に。

しかしデカイ…

 

◯レンジバイブ100es  33g

 

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190626001429j:image

f:id:mukogawaichimonjitaro:20190626001433j:imagef:id:mukogawaichimonjitaro:20190626001521j:image